JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 952
経験:  dasdasd
84237273
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

親が55年前に購入した敷地内に他人名義の土地(農地)30坪があり、

解決済みの質問:

親が55年前に購入した敷地内に他人名義の土地(農地)30坪があり、
最近やっと移転登記できそうなのですが、55年分の固定資産税を請求されそうですが
どのように額を決めるのでしょうか、また全期間の分を支払う義務はあるのでしょうか?
また、農地であったため、そこへは自宅建築の際制約ができ不利益をこうむった分は
算定は不可能かもしれませんが、税金の支払い分から差し引いてもらうことは可能でしょうか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 1 月 前.

親御さんが55年前に購入した土地の中に、他人の土地が含まれていた場合は、土地を20年以上に渉って占有使用していると思われ、取得時効が成立していますので、所有権を取得しているのではないでしょうか。「時効取得」という制度の性格上、時効取得した者が、前所有者が負担した固定資産税相当額を「不当利得」した事にはならないと解されますが、時効取得した場合は、その所有権の効力は訴求して発生しますので、固定資産税も取得者の負担とみなされます。但し、地方税法の時効が5年間ですので、5年分の固定資産税は負担すべきでしょう。

質問者: 返答済み 1 月 前.
22238;答ありがとうございます。もう少し詳しく質問お願いします。近いうちに登記されることになりそうなのですが、
土地を購入した後相手の方が亡くなって、数年後 移転登記ができなかったため、売買を知らなかった息子さんが売買を認めず調停申し立てをしました。結果、売買が認められる調書が作成され、その中に所有移転登記後、それまでに売主が払った固定資産税を払う となっていますが、(40年前その息子さんも移転登記をせずになくなってしまいました。)5年分では通らないように思うのですがどうでしょうか。さりとて 登記をすぐ実行せず55年も放置しておかれたわけですから、満額払う必要もないようにも思えます。 また農地のままにされていたことにより 被った不利益というのは 考慮されないのでしょうか?ややこしい話で申し訳ありませんが
ご回答よろしくお願いします。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

回答いたします。

行政書士さんは,地方税法の時効が5年といわれていますが,自治体との関係では売り主が代わりに固定資産税を納税しておられるから,税金の滞納はない,

という状況ですよね。

売り主が支払っていた固定資産税をどう返すか,という問題で,

通常は,所有権移転の時期,その時期の固定資産税を日割りにしたり,その年は買主がもったり,などとします。

今からでも55年前の名義移転にするかどうかですが,そうすると形式的には55年前にさかのぼることになりますが,

本来,売買契約から10年以上経過していますので,お互いに時効期間が経過している話でもあります。

固定資産税の支払時期についても,本来は調停ではっきりと決めておくべきところなのですが,

「売り主が払った固定資産税」としか書いてないなら,形式的には全期間になってしまいますね。

実際にそうすると,これまでの申告にも影響するような話しですが,総額でイクラの話しなのか,

こちらも被った不利益があるのなら,この点を考慮して,満額支払いせず,一定額(どれくらい,というのは明確には決まってはいないので話し合いですが)

を支払うことで足りると思います。

bhsy202,
満足したユーザー: 952
経験: dasdasd
bhsy202をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。専門家の方の意見を聴けるのは大変ありがたいことです。相手の事も考えながらこちらの要求も聴いてもらえるよう
話し合ってみます。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問