JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 903
経験:  dasdasd
84237273
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

こんばんわ 10年以上前におばがなくなり遺産相続もすべて終わりになっていたのが。

質問者の質問

こんばんわ
10年以上前におばがなくなり遺産相続もすべて終わりになっていたのが。
1年前に、おばがお金を貸していて、土地に抵当権を設定していた借主から
裁判をおこされました。抵当権の抹消と、訴訟費用をこちらで払えと。
お金が返却された証明もなく、時効が成立しているというのです。
口頭弁論に何度も遠隔地の裁判地にいかなければいけません。
裁判所を地方から居住地の東京に変更できないか。
和解に持っていけないか(できれば抵当権抹消は原告費用で)
原告側は弁護士が出席(原告は一度も出てきません。相当の年齢です。)
弁護士とは原告の子供が対応しているようです。
よろしくお願いします。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  bhsy202 返答済み 3 ヶ月 前.

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

こちらは弁護士に依頼されるご意向はありますでしょうか。

訴訟をされたばかりなら,答弁書は書面のみ提出して第1回裁判は欠席,

第2回以降は弁護士が電話会議で出席,という形にすれば,遠隔地までわざわざ出向くことはありません。

被告本人の場合だと,裁判所も電話会議というのは認めてくれないと思います。本人確認がちゃんとできない可能性があるからです。

弁護士に依頼すれば,通常,原告代理人の弁護士と話をして,

抵当権抹消に必要な書類を送り,抹消してもらって終了,という話し合いをします。

費用も本来原告に持ってもらいたいところですが,この辺りの多少の譲歩は必要かもしれません。

抵当権抹消は,司法書士に頼んでも2万円といったところの,低額ですからね。

もちろん,移送申立といって,裁判所を変えろ,という申出をすることもできます。

この場合は,管轄というのがあるのですが,おそらくは土地が遠方で,その土地のある裁判所での訴訟でしょうから,

移送の申し立てをしても,認められない,という可能性が高いのではないでしょうか。

なお,このサイトで弁護士の紹介ということができないので,探していただかないといけない,ということにはなってしまいますが。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
26089;速の返信ありがとうございます。
相手側ははじめ司法書士がでてきましたが、金沢地方裁判所へ移行されてから
弁護士に変更してきました。
当方は金沢に住む姉が代表(入院)で、その子供(東京在中)が私たち遺族の代理人として、
対応してきました。 しかし、今月その姉が亡くなり、葬式の翌日に第1回口頭弁論がありました。
第2回は9月です。(第1回は書面にて延期申請しましたがされませんでした。)
姉の子供は遺産相続に3ケ月かかり、その間は裁判に出ることができません。
40年ほど前は第3抵当権でしたが、第1、第2抵当権は抹消され、現在、第1抵当権になっています。
相手側は不動産の抵当権を抹消して売却したいので必死です。
司法書士と弁護士費用(1年半で数十万円?)を含めて当方に払えと言っています。
当方は和解で貸金はなしにして、当方の持ち出しを最小限に納めていきたいと思っています。
他の兄弟と話し合って弁護士を立てるか相談します。 1週間以内に決める予定です。
    田中
専門家:  bhsy202 返答済み 3 ヶ月 前.

詳細な事情をありがとうございます。

こちらも複数であるとすると,話し合わなければならないところですが,

司法書士や弁護士費用などは請求はしているが,実際上は抹消されることが望みでしょう。

その方向での和解提案を早期に行っていけばいいのではないかと思います。

なお,第1回期日の変更が認められなかったのは,第1回は答弁書という書面さえ出しておけば欠席でも構わない期日なので,

事情は分かったとしても,延期まではしない,という対応ではないのかと思います。

bhsy202をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
12371;んばんは  また質問させていただきます。相手側が時効をたてに50年前の借金の抵当権抹消と、訴訟費用を払えと
金沢簡易裁判に訴えました。
抵当権設定に無金利とありますが、姉の子供が返済の証明ができない以上、
貸付け金に金利をつけて払えと逆に反訴し金沢地方裁判所に移行しました。
また金沢簡易裁判の事件の併合に失敗しました。
9月の口頭弁論にて結審、却下になると思います。
裁判のメリットは何もありません。質問①
反訴の原告に私の名前があり、原告を降りるようにするはどうしたらいいのか。金沢簡易裁判に戻されると思いますので、
下記の和解条件を元に和解に進めたいと思います。
(初めての和解交渉では、姉は慰謝料請求をしたので、相手側から拒否されました。)和解条件
①貸付け金については、返済の有無は問わない。
②抵当権抹消の費用2万円は当方が負担する。
  また必要な書面は提出する。
③訴訟の費用は各自の負担とする。
④原告が訴訟を取り下げるか、または金沢簡易裁判所にて和解する。質問②
和解の了解が得られた場合にはどのような書類を作成すればよいですか。
仮に相続人の一部が和解に反対した場合は和解は可能でしょうか。
(9月までは姉の子供は遺産相続できないので、8月中の和解も検討しています。)
専門家:  bhsy202 返答済み 2 ヶ月 前.

原告を降りるには,訴えの取り下げの申立書を裁判所に提出します。取り下げに被告が応じれば,原告からはずれます。

和解については,訴訟になっているわけですから,裁判上で和解すればいいと思います。

裁判所で和解調書をつくりますので,こちらが何か書類を作る必要はありません。

一部が反対したら,賛成するものだけで和解するか,というところですね。それもできますが,一部で和解してどこまで意味があるか,ということ次第でしょうか。

質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
12371;んばんわ
一部で和解してどこまで意味があるか,ということ次第でしょうか。
上記の回答ではわからないのですが、
一部の和解 ⇒ 抵当権抹消 ⇒ 訴訟取り下げ
にはならないということですか。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問