JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 812
経験:  dasdasd
84237273
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

会社で賃貸業を営んでいます。競売で賃貸用のマンションを落札し、二年程、息子に賃貸していましたが、この度結婚を機に買い取る

質問者の質問

会社で賃貸業を営んでいます。競売で賃貸用のマンションを落札し、二年程、息子に賃貸していましたが、この度結婚を機に買い取る意思を示したので、売買しますが、契約書、重要事項説明書を息子の借り入れ銀行よりもとめられました。私は資格を持っていませんが、パソコンで簡単なフォーマットを手に入れ簡単な契約書・重要事項説明書を作成し当日持参してもよろしいものでしょうか?資格がないのに作成して契約が出来るでしょうか?

投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  bhsy202 返答済み 3 ヶ月 前.

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

会社で賃貸業と営んでおられる,ということですから,業務的に不動産を取り扱っておられるのだと思いますが,

重要事項説明については,資格を持った者が行わない限りは,法的には意味がないものです。

重要事項説明をしていなかったのと同じ扱いになります。

契約自体はできますが,今後,重要事項説明義務違反,こういう説明は受けていなかった,このようなトラブルが起きた場合には,こちらは不利になりますね。

もちろん今回は,息子さんに売るわけですよね?その意味では,息子さんが訴えてくる,そういうことは考えにくいとは思いますが,

融資する銀行としては,そういうトラブルになって,不動産を手放す,ということになると,担保を失いかねないことになるので,

それを避けたい,というところなのだろうと思います。

仲介業者を入れて宅建主任者の資格を持った者が行う,というのが今回の件では一番簡単だろうとは思います。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問