JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

dueprocessに今すぐ質問する

dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 1419
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

祖父が所有していた土地、建物が合わせて3つあります。

解決済みの質問:

祖父が所有していた土地、建物が合わせて3つあります。
そのうちの1つはすでに相続人のうちの一人(kさん)の名義になっています。
祖父の死亡後、kさんを含めた4人の兄弟で話してそのようになったそうです。
現在、4人の兄弟のうち2人がなくなり、相続人がそれぞれの妻や子供になり、残りの2つの
土地も売ろうということになりました。
ただ、kさんは残りの土地を4分の1にしたいと考えており、すでに自分の名義の物は他の相続人に話もしていません。
できれば、3つの土地建物すべてを合わせた4分の1を相続することができるようにしたいのですが、可能なのでしょうか?
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
3つの土地建物のうち1つはk名義、残りの2つは祖父名義のままです。
現在2つの土地の名義をそれぞれに変更する話が持ち上がっているのですが、
このままだと、不公平感があります。
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  dueprocess 返答済み 3 ヶ月 前.

ご質問ありがとうございます。

特定行政書士です。

よろしくお願い致します。

遺産分割協議は相続人全員が同意すれば、既に相続登記がされていても、変更する事は可能です。

気になるのは、お祖父さまからkさんへの所有権移転の登記原因でしょうか。

それによって対応が異なるかと思います。

まずは上記をご確認頂けますでしょうか。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
29694;在詳しい経緯を知っているものはk本人だけだと思います。
所有権移転の登記原因とは、たとえば、どのようなことですか?
(子供のいないk夫婦が将来が不安だということで、あらかじめ、妻のためにこれだけは、相続をすませておきたいとか
そのようなことを言っていた気がします。)
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12362;電話での相談を申し込みながら、メールでの質問になってしまい、申し訳ありません。
kから情報を得ることは難しいので、知っていることはわずかなのです。
正直なところ、私たちの親の代で、すでに話し合いがなされているし、無理なのかなと思っています。
名義を変更するにあたり、kは他の3人に20万円ほどのお金を渡したそうです。
専門家:  dueprocess 返答済み 3 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

所有権移転の登記原因は登記事項証明書を取得していただければわかります。

その土地を管轄する法務局で登記事項証明書を取得してご確認願います。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
30331;記事項証明書を見ればわかるのですね。ありがとうございます。
ちなみに登記原因に問題があったとしてなのですが・・・
今回kが名義の変更をしている土地(土地a)ではなく、他の二つの(土地b,c)を相続人全員が合意すれば、売ろうとしています。
土地b,cを売るときに遺産分割協議を土地aを含めてしておいたほうがいいような気がするのですが、できなかった場合は、土地aの分を
請求するのは現実問題として難しいですか?
専門家:  dueprocess 返答済み 3 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

土地aが売買などでkさんにわたっている場合は、難しいでしょう。

仮に生前贈与と認められる場合には、土地aを含めて遺産分割協議をすることは可能と考えます。

その場合でも現実的には土地aの評価額を参考にして、

土地b,cの相続分から差し引いて相続分を決めることが多いかと思います。

いかがでしょうか。

その他ご不明点ございましたら補足致しますので、その旨ご返信ください。

以上よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
20197;前にもメールで触れましたが、もともと、土地aは(駐車場)として存在しており、祖父の死後4人の兄弟で話し合い、20万円ほどを払って
kの名義になっています。
土地aの売買とは、兄弟にお金を渡しているということなのか、それとも売ってしまって現金化されているかということなのか,他の意味ですか?
今も状態はそのままで、名義が変わったため駐車場収入はkのものになっています。売ったりはしていません。祖父の死後行われた名義変更でも、生前贈与と認められる場合があるのですか? よくわかりません。
(それが所有権移転の登記原因によるということなのでしょうか?)
すみません、あまりにも自分がわかってないせいで、ご迷惑をおかけしてしまっていますね。
専門家:  dueprocess 返答済み 3 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

そうだったのですね。

こちらの認識が誤っていたようです。大変失礼いたしました。

生前贈与等のくだりは一度忘れてください。

すでに土地aについてのみ、遺産分割協議をされたという事ですね。

それであれば、今回すべての土地について改めて遺産分割協議をやり直すという事になるかと思います。

但し、やり直しには全員の同意が必要になるため、kさんが同意しない場合は、

先の遺産分割協議の内容を考慮したうえで、土地b,cについてのみ遺産分割協議をするという形になるでしょう。

この場合はkさんについては4分の1では「多すぎる」という事で、それ以下での交渉になるかと思います。

いかがでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
26089;速のお返事ありがとうございます。
以前に質問頂いていた、所有権の登記原因は 遺産分割 と書かれていたそうです。(他の相続人に確認しました。)
kさん本人が嫌がっているので遺産分割協議のやりなおしは無理にしても、土地aを考慮して土地b,cを分けてくださいと、いうことは別に
なんら、おかしいことではないということですよね
ただ、kさんや他の相続人が求めていないのに、4分の1が多すぎると主張するということは、裁判になるということですよね。
専門家:  dueprocess 返答済み 3 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

>以前に質問頂いていた、所有権の登記原因は 遺産分割 と書かれていたそうです。(他の相続人に確認しました。)

ありがとうございます。

やはり、遺産分割協議でしたね。

>kさん本人が嫌がっているので遺産分割協議のやりなおしは無理にしても、土地aを考慮して土地b,cを分けてくださいと、いうことは別に
なんら、おかしいことではないということですよね

はい、おかしいことではないです。

>ただ、kさんや他の相続人が求めていないのに、4分の1が多すぎると主張するということは、裁判になるということですよね。

裁判になるかどうかはわかりません。

仮に揉めて当人同士で話がつかない場合は、遺産分割調停などを利用することも考えられます。

いきなり遺産分割協議をするのではなく、kさん以外の相続人の意思を確認しながら、

ご相談者様のご意見をそれとなくお伝えしてみて、そういった方向に持っていくようにしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

dueprocess, 特定行政書士
満足したユーザー: 1419
経験: 中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
dueprocessをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。
すぐに裁判というものではないということがわかって安心しました。
主張は一応してみます。
他の人が、kの取り分が多いけれど、争うことまではしたくないと思っているとすれば、親戚づきあいもありますし、取り分の主張は取り下げる
ことを考えます。
いきなり、弁護士を探して、依頼するのに値する内容かどうかも不安でしたし、
手続きや法律にうとくて、どこから手をつけていいのかもわからなかったので、本当に助かりました。
またご相談することがあれば、よろしくお願い致します。
本当にありがとうございました。
専門家:  dueprocess 返答済み 3 ヶ月 前.

ご丁寧にご返信いただきありがとうございます。

お役に立てたようで何よりでございます。

はい、また何かございましたら、お気軽にご相談ください。

改めてありがとうございました。

それでは失礼致します。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/OF/officeone/2011-10-31_104514_005.64x64.JPG office-one さんのアバター

    office-one

    宅地建物取引主任者

    満足した利用者:

    11
    宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    1
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    68
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    58
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    特定行政書士

    満足した利用者:

    33
    中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    27
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問