JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2188
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

不動産売買について質問させて頂きます。私が土地を売る側で、買取りしたいと言って来た会社が太陽光パネルの会社です。契約

解決済みの質問:

不動産売買について質問させて頂きます。私が土地を売る側で、買取りしたいと言って来た会社が太陽光パネルの会社です。契約は2月9日に済ませ、その時手付金として10万円頂きました。決済日が2月29日の予定だったのですが、当日電話がありトラブルがあり今日決済できないと言われました。次の決済日を3月5日にしてくれとのことだったので了解しましたが、5日当日決済代金をもってきませんでした。向こうの言い分は隣の土地に木が生い茂っており伐採しなければ太陽光パネル事業を行えないので、今その土地の所有者を探してるとのことでした。こちらとしてはそれはそちらの都合で契約書ま交わし決済日に決済しないのはおかしいと話しました。すると、契約書の特約条項に、太陽光事業が行えない場合は手付金放棄により白紙解約する事が買主は出来るような事が書いてあり、この部分を理解してますか?と聞いてきました。その話の内容では決済しても、もしもその土地で太陽光事業が行えないとなると全額返金してもらいますよ、それは可能なのですか?と言われました。
ここで疑問なのが、契約書では手付金放棄により白紙契約とすることができるのであって、決済を完了したならば、その後買主が事業を行えないからと言ってこちらが売買代金を返金しなくてはいけないのでしょうか?
また、決済完了後にこちらの土地の状態にはなにも瑕疵がないにもかかわらず、特約条項などで、全額返金するようなことを設定するこはできるのでしょうか?
これが可能ですと、契約書を交わし決済も済ませても、いつやっぱり事業が出来ないので売買代金を返して下さいと言われるかと思うと、せっかく売った土地のお金を安心して使う事ができないと思うのですが、法律的にはこのようなことを認めてるのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。特定行政書士です。よろしくお願い致します。 ご相談の内容から察するに、その特約は「解約手付」についてのみと考えます。「買主側は手付金10万円を放棄する代わりに、当該契約を解約する」というだけの話で、「事業が不可になったため買主の都合で契約解除し、返金を求める事ができる」訳ではありません。もちろん契約書にそのような条項があれば話は別ですが、無いのであれば、件の業者側の担当者が勉強不足です。参考条文民法(手付)第557条 買主が売主に手付を交付したときは、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄し、売主はその倍額を償還して、契約の解除をすることができる。2 第545条第3項の規定は、前項の場合には、適用しない。 以上ご参考頂ければ幸いです。
dueprocessをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問