JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

houmuに今すぐ質問する

houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 914
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

賃貸契約更新で12万円もの賃料値上げ通知が10/27に郵送されてきました。不動産管理会社の担当者から前日に連絡はあり、そ

解決済みの質問:

賃貸契約更新で12万円もの賃料値上げ通知が10/27に郵送されてきました。不動産管理会社の担当者から前日に連絡はあり、その時に継続居住を希望しており、1,2万円の値上げまでであればokと回答。担当者もあまりに高い値上げなので、交渉します。と言っていたのですが、それから現在まで連絡がこず、11/9にも連絡をしているのですが、未だ担当者より連絡がありません。契約更新日が12/9のため、週明け担当者へ再度連絡はするつもりですが、法律的に、契約更新日12/9までに契約書の取り交わしができていなくても大丈夫なのでしょうか?また来月分の振込時期なり、来月分の賃料を現在の賃料で振り込みをしておいた方が良いのかどうか?
居住者保護の法律はあると聞いておりますが、引越しは考えられないので少しでも提示額に歩み寄ろうとも考えてはいますが、家賃の取り決めが12/9を過ぎてしまっても法律上大丈夫なのか? 居住者側に何か不利益なことがないよう私が今しておくべきこと、今後のことも含めアドバイス頂きたくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
賃貸契約は、特段更新の手続きを行わなくても、法律上自動的に更新されたものとみなされますのでこの点は問題ありません。
では、賃料はどうなるのかというところですが、不動産の賃貸契約は、その契約期間が中長期にわたることが多い為、その賃料の変更についても法律上定めがあります。こちらについては、逆に契約期間中であっても、お互いに賃料の変更を求めることができることになっています。
一方から賃料変更の申し出があった場合、その申出の時点から賃料は変更の効力を生じます。本件では、更新時からの値上げという形で申出があったわけですから、その時点から周辺相場に相当な範囲内で変更の効力が生じています。
問題はどの程度の値上げが相当なのかということになりますが、これはひとまずは話し合いで決めることになりますが、話し合いで決着がつかなければ、裁判所に適切な家賃を決定してもらうことになります。
当面はご質問者様の納得のいく範囲で家賃を支払われれば大丈夫ですが、仮に+1万円で支払いを継続し、1年後裁判所が+3万円が相当だという判断した場合には、差額+法定利息(会社等であれば年6%、個人であれば年5%)を遡って支払う必要があります。
なお、最近は振込みであることが多いですから、受領を拒否されるということもないかと思いますが、増額した家賃でないと受け取らないと受け取り拒否されてしまった場合には、法務局へ供託を行うことで、家賃を支払ったとみなしてもらう制度もあります。
いずれにせよ、交渉ができてないから支払わない、相手が受け取らなかったから支払わないというようなことがありますと、延滞を理由として退去を迫られてしまう可能性がありますので、少なくとも現状の家賃額の支払いは継続されるようにしてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
ちなみに法務局へ供託という手続きは、法務局へ私が行って1日ですぐ手続きができるのでしょうか?12月分の支払は11/30までなので、今週中に法務局へ行かねばですよね。。
法務局は霞ヶ関でしょうか。。
もし不動産管理会社の担当者から金額決着してからの振込でいいと言われても、やはり今月中には現状の家賃を振込でおいた方がいいですよね。。いつもの振込口座は不動産管理会社の口座となっているので、後で振り込まれていないなどと言われたらいけないので、やはり法務局への供託が良いでしょうか?
管理会社の担当者からこんなに連絡がないと、管理会社はやはりオーナー側であるだろうから、借り手のこちら側ができるだけ不利なことにならぬようにと思いまして。。
もしこの追加質問に回答頂ければ幸いです。
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
法務局への供託は、あくまでも受け取りを拒否された後でなければできません。したがってまず振り込みをされてください。仮に、口座に振り込み口座が閉鎖されていたり、管理会社の契約がなくなって家主さんが持参で持って来いと言いながら受け取りを拒否したというような状態になって、初めて供託をすることになります。手続きはご本人様でも十分に可能です。賃貸契約書、封筒、切手(金額は法務局に電話等でご確認ください)を持参すれば、それほど時間はかからず手続きは終了しますので、この点はご安心ください。 参考:供託書面の記入例http://www.moj.go.jp/content/000063539.pdf
houmu, 行政書士
満足したユーザー: 914
経験: 行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
houmuをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご丁寧にご回答下院者いたします。とりあえず今週中には担当者と連絡を取って振込だけはしておきます。ありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/OF/officeone/2011-10-31_104514_005.64x64.JPG office-one さんのアバター

    office-one

    宅地建物取引主任者

    満足した利用者:

    11
    宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    1
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    68
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    58
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    特定行政書士

    満足した利用者:

    35
    中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    27
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問