JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 312
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

相続した土地を売却しようと調べたら家の駐車場の下に隣の姉の家の汚水管と下水管があり仲介の不動産業者からそれらの事を解

解決済みの質問:

相続した土地を売却しようと調べたら家の駐車場の下に隣の姉の家の汚水管と水道管があり仲介の不動産業者からそれらの事を解決するように言われ姉に話したところ売るのはそちらの勝手なので、工事費用はそちらで払って欲しいと言われました。 姉は2年前に生前贈与を受けており、私は去年相続しました。 私は折半にしてもらいたいと思っております。

投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 1 年 前.

隣家の給水管、排水管には特殊な問題があります。「下水道法」が制定されており、「他人の土地または排水設備を使用しなければ下水を公共下水道に流入させることが困難であるときは、
他人の土地に排水設備を設置し、または他人の排水設備を使用することができる」と規定しています。但し、この場合、相手方に損害があまりかからないようにする必要があり、相手の受けた損害は補償する必要があります。従いまして、隣家の排水管と水道管が埋設されていることによって、土地の売却に支障をきたしていますので、その損害の補償を請求できると考えます。
お姉様と下水管と水道管が通っていることに対する補償とその敷設替えの為の費用を勘案して、工事代金の負担割合を話し合われてはいかがでしょうか。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問