JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

隣家が後に来て、ふぇんすを境界線上のセンターに構築したのは宜しいのでが高さが2m40 も有り当家の窓かふさがり

解決済みの質問:

隣家が後に来て、ふぇんすを境界線上のセンターに構築したのは宜しいのでが高さが2m40
も有り当家の窓かふさがり日照権処か展望権も有りません。話合いには乗りません。
民事調停の方法をご教示ください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 1 年 前.
原則として,相手方の住所のある地区の裁判を受け持つ簡易裁判所に申し立てます。
簡易裁判所に出向き、受付窓口で申立の方法の説明を受けます。しかる後に申立書を作成し提出します。
調停期日が決まると、裁判所からご貴殿と相手方に通知されます。
調停期日には裁判官1名と調停委員2名以上で構成する調停委員会がご貴殿の言い分を聴きます。
調停委員会は間に入って、話し合いにより相手方の言い分との調整を図ります。
1回目で話がつかないときは、数回の調停日を都合のつく日に設けます。
合意に至ると「調停成立」となり内容を「調停調書」に盛り込みます。
正式書面は後日、郵送または受取にて入手します。
合意に至らなかった場合は、「調停不成立」となり終了します。
その後、訴訟手続きを進めることは可能です。
尚、手数料は1万円以内位ではないかと思います。
pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問