JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 312
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

<状況説明です> 地域一体が土地管理団体の土地であり、住民は地上権を取得して、家屋を建てています。 私の家は上水

解決済みの質問:

<状況説明です>
地域一体が土地管理団体の土地であり、住民は地上権を取得して、家屋を建てています。
私の家は上水道と下水道の配管が別で、下水道のみ隣地の他人(Aさん)が地上権を持っている駐車場を横切るかたちで公共マスへ下水管を接続しています。
下水工事は26年前に行なっており、下水工事を町に申請する際には、土地管理団体の承認印をいただいて実施しています。隣地の駐車場の地上権を保有しているAさんには、毎年借用料としていくらか支払っていました(領収証あり)。
あるとき、Aさんから「Bさんに土地の地上権を譲渡することになった。駐車場を横切る下水管が邪魔なので、1ヶ月以内に撤去してほしい。」と言われました。
私は「町に許可された下水配管であり、土地を所有する管理団体からも承認されている。1ヶ月と言わず、下水配管の迂回方法等を検討する時間がほしい。」と伝えました。
先代が行なった下水工事であり、地役権の登記はされていないと思います。
Aさんは「何か月も待たされるようでは土地の地上権を譲渡出来ない。すぐに売りたいから下水管を止める。下水工事する前の合併浄化槽がまだあるのだから、くみ取りにすればいい。」と言われました。
<ここから質問です>
1.町が下水整備を行なうための税金(都市計画税)を納めていますが、下水を利用する権利はないのでしょうか?(くみ取りにしなければいけないのでしょうか?)
2.現在下水管の迂回を検討していますが、公共マスに接続するためにはAさんが地上権を持っている現在駐車場の土地の端を通させてもらう方法しかありません。通す権利を主張できますか?
3.下水配管を迂回することになった場合、その工事費はAさんに請求出来ますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 1 年 前.
1.について:現在の排水配管は利用することはできます。Aさんは強制的に下水管を止めることはできません。
2.既得権益として駐車場を通って排水する権利が発生していると考えますので、Aさんにとって一番負担の少ない方法で排水管を通すことを主張することができると考えます。
3.全ての費用を請求することは難しいですが、相応の負担を求めることはできます。
話し合いがつかない場合は簡易裁判所に調停を申立、第三者が入った話し合いが必要と考えます。
pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問