JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 312
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

隣家の大木 隣家といっても狭い道路を隔てた正面の家ですが、道路からやや急な登り傾斜地に建っており、道路わきに15m

質問者の質問

隣家の大木
隣家といっても狭い道路を隔てた正面の家ですが、道路からやや急な登り傾斜地に建っており、道路わきに15mは超える巨大なカラマツがあります。このカラマツの根元から1mほどの距離を70cmほど掘り下げ駐車場を造り根が浮いています。またカラマツは当初から道路側に傾いています。以前、災害などで倒壊したら危険なので、持ち主に伐採の検討を含めて木の健康診断をお願いしましたが、意に介しません。我が家にも巨大カラマツがありましたが、伐採した際に業者から木の中に空洞があったことを指摘されました。先方は別荘、当方は定住です。質問ですが、もし倒壊して損害を受けた場合、先方の賠償義務はあるのでしょうか。それが十分でない場合を想定して、こちらが災害保険に入り自衛すべきでしょうか。お教えください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 1 年 前.
隣家の大木が倒壊の危険があるような場合は、倒壊しないように、その土地の所有者に予防措置を要求することができる権利を妨害予防請求権といいます。
しかし、費用を要することですから何でも当然に認められるものでもありません。
隣家との紛争は、できるだけ話し合いで解決することが、最も望ましいことですが、当事者同士の話し合いがつかない場合には、調停なり訴訟なりの裁判手続きが必要かと考えます。隣近所の問題ですので調停による解決が妥当といえます。調停は簡易裁判所に調停の申立書を提出することによって開始されます。調停を申立てると、裁判所から双方に呼出がありますから、指定の調停期日に裁判所に出頭します。調停委員会が、双方の言い分なり、弁解なり、を聴いた上で、双方の妥協点を見いだすべく斡旋してくれます。
尚、念のために保険には入っていた方が無難だと考えます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
この質問メールを発信した後に、親しい友人で市役所(別の街)に勤める人がいて訊ねたところ、まず町役場にいって相談した方がいいと言われました。道路を隔てているわけで我が家が損害を受ける場合は同時に、送電線(中部電力)電話線などが損壊します。市役所の方を介して話して隣家と話してみてはとの助言でしたので、裁判に持ち込む気はありません。裁判に持ち込めばお互いに不愉快で住めなくなります。今回の質問の最大のポイントは、家が仮に全壊に近い損傷を受けた際、その瑕疵は忠告(?)を受けた隣家なのでしょうか?それとも自然災害と言い逃れすれば隣家の瑕疵は消失するのでしょうか。実際に数年前の台風で軽井沢町内は倒木により停電などの被害が広範囲に起こっています。また、こちらが風水害保険に入ってもその保証金は最大で1000万円で、家の再建には程遠い金額です。
専門家:  pote888 返答済み 1 年 前.
民法第717条に以下のような規定があります。
土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。
ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。
2、前項の規定は、竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する。
3、前二項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することができる。
台風や豪雨により大木が倒壊するかもしれないような状態にあり、具体的に隣家に注意を促したが、隣家が対処しないような場合は、それによって損害が発生した場合には自然災害であっても損害賠償を請求できる場合もあります。
そのような場合に備えて、注意を促したという証拠を残しておく必要があると考えます。市役所を介して相談して市役所の職員が具体的に対応した場合にはその記録、あるいはご貴殿自身による内容証明郵便によって注意を促した証拠を残しておくことが必要かと考えます。
pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
質問に的確に答えて頂きました。ありがとうございました。市役所への問い合わせに、この記事を添付させていただきました。
専門家:  pote888 返答済み 1 年 前.
お役に立てれば幸いです。漸進されることをお祈り申し上げます。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問