JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 314
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

長年稼動していない法人があります。この法人所有の不動産があるのですが、今年の1月に強制解散となってしまいました。

解決済みの質問:

長年稼動していない法人があります。この法人所有の不動産があるのですが、今年の1月に強制解散となってしまいました。
この不動産はどうなってしまうのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 1 年 前.

「解散した法人」の所有物です。会社は解散しても清算中の会社として存続しています。債務や負債があれば、債権者に現金・土地建物などが分配されます。
この場合、債権者のものとなるか競売により第三者のものとなります。
会社の債務が全くない場合は、出資者に返されるのが基本となります。

質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます

任意での売買や賃貸は可能でしょうか?

一応謄本や印鑑証明は取れるらしいので、不動産を売却しようと考えています。

専門家:  pote888 返答済み 1 年 前.
会社が清算結了に至っていない場合は、法人としては存在していますので、会社が売主になり、売却代金は、会社の財産になります。
ただし、売主の代表者は、(代表)清算人となります。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました

質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました

専門家:  pote888 返答済み 1 年 前.
お役に立てれば幸いです。評価をお願い致します。
pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問