JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
71156846
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

すいません。質問なのですが 土地付区分建物売買契約に5月25日に判を押し、手付金10万円支払ましたが、解約したいと

解決済みの質問:

すいません。質問なのですが
土地付区分建物売買契約に5月25日に判を押し、手付金10万円支払ましたが、解約したいと考えていますが可能でしょうか? 現在銀行の借り入れローンの審査待ちの状況です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
手付金を払っておられると言うことですね。
手付け契約は、原則として、解約手付けと考えられています(契約で、明確に解約手付けではないことを明らかにしている場合は、解約手付けではない、とされますが、そのような事情がない限り解約手付けであるとするのが裁判例です。)
そこで、買主側は、原則として、手付金を放棄すれば契約を無条件で解除できます。
例外は、相手方が履行に着手している場合です(民法575条1項)
本件では未だ契約したのみでしょうから、相手方が履行に着手してるとはいえないと考えられます。
そこで、渡した手付金を放棄して、解除できると考えます。
ご検討ください。
参照条文
第557条
1項 買主が売主に手付を交付したときは、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄し、売主はその倍額を償還して、契約の解除をすることができる。
2項  第545条第3項の規定は、前項の場合には、適用しない。
fplawyerをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問