JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

現在、借地に自分の家を建てていますが、借地のオーナーが娘に変わり新しい土地賃貸借契約書を 持ってきたのですが、以前

解決済みの質問:

現在、借地に自分の家を建てていますが、借地のオーナーが娘に変わり新しい土地賃貸借契約書を
持ってきたのですが、以前の契約内容と異なり「契約解除の際、更地にする」という文面があり以前は「賃借人が買い上げる」という文面でしたが、契約者が変わると従わないといけないのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。

借地借家法10条1項は,以下のように規定しています。

(借地権の対抗力等)
第十条  借地権は、その登記がなくても、土地の上に借地権者が登記されている建物を所有するときは、これをもって第三者に対抗することができる。

この規定があることから,建物の所有権登記をしていれば,地主が変わったとしても,従前の条件の借地権が認められます。

そのため,本件の場合でも,地主が娘に変わったとしても,従前どおりの賃借権が認められます。
そのため,そもそも新たな賃貸借契約書を締結する必要はありません。

念のためですが,更地にするという条件に従う必要は全くありません。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問