JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

先日JustAnswerに海外在住邦人が住民票を持たなくても不動産を所得することが出来るか否かをうかがいました。この

解決済みの質問:

先日JustAnswerに海外在住邦人が住民票を持たなくても不動産を所得することが出来るか否かをうかがいました。この質問に対しては可能であるとの返事をいただき安心したところです。
ところでもし短時間で希望物件が見つかり購入したいと決心したらこの登記手続きに要する必要な時間はどのくらいかかるのでしょうか。 複雑なものなのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.

通常不動産を購入するためには、印鑑証明書が必要になります。

しかし、日本に住所がない方の場合にはこれを準備することができません。

この場合、サイン証明といって、お住まいの国の領事館に契約書を持参して、

領事の面前で契約書にサインをし、そのサインがご質問者様のものである

旨の証明文をつけてもらう、という手続きが必要になります。

お住まいの場所の近くに領事館があり、領事館に出向く時間がある方で

あればいいのですが、そうでない場合には会社の休みとの関係などで

大幅に時間をロスしてしまう可能性があります。

また、サイン証明の手続きは国外でなければできない一方で、その証明書は

契約書などの必要書類にたいして証明をしてもらうというものですから、

印鑑証明書のように、事前に準備しておくことができません。そのため、

流れとしては、

1.日本で物件を探す

2.契約書などの必要書類を不動産屋さんや司法書士さんに作成してもらう

3.必要書類をもって、在住する国へ戻り、領事館へ出頭する

4.書類を郵送または持参にて、不動産屋さんや司法書士さんに提出する。

5.司法書士さんが登記手続きを行う

という流れになります。

登記手続きそのものは1週間から10日程度が目安になりますが、上記のとおり、

帰国と領事館への出頭がひつようになりますので、この点をどれだけ段取りよく

進められるかが所要期間と大きく関係してくるでしょう。

なお、お住まいの国によっては、領事館で印鑑証明書を発行してもらえる場合も

ありますので、日本に来られる前に確認の上、発行可能なようであれば、事前に

取得の上で来日をされれば、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

houmuをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問