JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2672
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

お世話になります。借地権の相談です。底地人に借地権者が権利を売却する場合、借地人が底地権者にその権利を売却する場合、

解決済みの質問:

お世話になります。借地権の相談です。底地人に借地権者が権利を売却する場合、借地人が底地権者にその権利を売却する場合、その設定価格は、いかほどに設定すればよいのでしょうか?借地権割合は、当然、考慮に入れるべきでしょうか?以前、実際の取引では、互いに、1:1の割合で売買契約をするとかの話を聞いたことがありますが。(勿論、契約ですから種々なケースがあるとは思いますが。)
まとまりやすい話し合いは、どのような形式でしょうか?何卒、宜しくお願い申し上げます。
高橋
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

ご質問ありがとうございます。

行政書士です。

よろしくお願い致します。

おっしゃる通り50:50の割合で取引される事が多いと思います。
要は土地所有者の懐具合次第とも言えます。

割合を決めるにあたって借地権割合を参考にするのはもちろんですが
その際15~20%程度まで調整する場合もあるようです。
土地所有者の出方を見つつお決めになられるのがよろしいかと思います。

いかがでしょうか?

dueprocessをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご評価頂きありがとうございます。
ちょっと誤解を招きそうな表現だったので補足致します。
>その際15~20%程度まで調整する場合もあるようです。
15~20%程度の「範囲」で借地権割合を調整する場合もあるようです。
というご説明の方がよろしかったですね。
例えば「30:70」を「50:50」や「45:55」にしてみるといった事です。
以上よろしくお願い致します。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問