JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

こんばんは 家の権利についてお聞きしたいことがあります。 よろしくお願いします。 21年前に私の夫と

解決済みの質問:

こんばんは
家の権利についてお聞きしたいことがあります。
よろしくお願いします。
21年前に私の夫と夫の母が共同名義で家を建てました。
当初は同居するということで権利は半分ずつです。
総額3400万円の内、夫の母が600万円位支払いました。(頭金500万円と100万円位)
入居の段階で母が同居を拒み、21年間別居しています。
その間、何度か同居を勧めましたが何かと理由をつけては拒否されました。
家が建ってから3年間は毎月3万円位の支払いをしてくれていましたが、その後、お前たちが住むなら残りは払いなさい。と、同居も先の支払いも一方的に拒否されました。
現時点で1800万円位の支払いを済ませ、残りの1000万円も夫婦で支払っていく予定です。
支払う金額がこれほど違っても、権利は半々のままなのでしょうか?
最近ですが、母が同居をもとめてきました。
今更?と思い、答えをにごしたら権利をもちだして、母が支払った分を返してくれと言われました。
この件がもちあがってから書類に目を通したら、ローン組み換え時に母が債務者で夫が連帯保証人の分650万円も組み込まれていました。
法律はよくわかりませんが、これって債務放棄ではないのでしょうか?
債務放棄したのなら、権利も放棄したということなのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 2 年 前.
総額3400万円の内、当初のお母様の負担分は600万円そして月3万円を36ヶ月負担で108万円増えていますので合計708万円です。
お母様は20%分を負担していますので持ち分としては1/5となります。
その後ローンの組み換えをされた時にお母様が主たる債務者となりご主人が連帯保証人ですので、お母様の負担分は650万円増えます。
従って、現時点では708万円+605万円=1358万円ですので、お母様の負担分は40%となり持ち分としては2/5となります。
ローン組み換え時にお母様が主たる債務者となっているようですので、債務放棄にはならないと考えます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返答ありがとうございます。

ローン組み換え時の件ですが、そうではなくて、元のローンに母が主たる債務者650万円を上乗せしたということです。

組み換え後の債務者は夫です。

専門家:  pote888 返答済み 2 年 前.
組み換え後の650万円の主たる債務者はご主人とのことですが、その使途はどのようにされたのでしょうか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

年金転貸住宅資金の一括繰上返済に使われました。

専門家:  pote888 返答済み 2 年 前.
650万円のローンは、ご主人が借り入れをして、ご主人の借入金である年金転貸住宅資金の繰上返済に充てられたということでしょうか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

年金転貸住宅資金の借入れは、母と夫の連帯債務者になっていますが

返済をしているのは夫のみです。母に返済責任はないのでしょうか?

もし母にも返済責任があり、それを拒否された場合はどうすればよいのでしょうか?

専門家:  pote888 返答済み 2 年 前.

ローンの返済義務はご主人とお母様両方にありますので、ご主人が支払い遅延をすれば、請求は連帯債務者であるお母様に行きます。仮にお母様が支払いを拒否すれば、住宅の差し押さえとなりますので、ご主人は残債の1000万円の返済を続けざるを得ません。
住宅購入の際に、お母様から600万円の資金援助を得、また3年間のローン返済援助も受けておられたようですので嫁・舅の問題もあるかと思いますが、同居も含めた親子関係を修復する方向で話し合いをすることが肝要かと考えます。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問