JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

賃貸物件退去に伴う、敷金返還の相談です。 いきさつは、現在借りている物件を、大家さんが借金を返すために売却をしたい

解決済みの質問:

賃貸物件退去に伴う、敷金返還の相談です。
いきさつは、現在借りている物件を、大家さんが借金を返すために売却をしたい。ついては、9月一杯で退去してほしいとの話が、8月中旬にありました。当方としては、居座るつもりもなかったので、退去料を130万出すとのことでしたので、退去を了解しました。退去料の支払いは一括ではなく、転居先契約時に70万、退去完了後に60万支払われました。この間、退去料支払いに不安を感じた当方は、退去料に関して、書面作成してくれと要求しましたが、かなり渋っており、作りたくなかったようです。
ようやく、書面を作らないと当方が、ごねるとでも思ったのか、転居先契約時に書面を準備してきました。内容は、立ち退き料130万を当方の請求に応じて支払います。支払いは、転居先契約時70万、退去完了時に60万と記載されていました。署名は、当方と立会人の不動産屋が代交となっており、大家の名前は署名欄にはありませんでした。総額かいてあるし、取っぱぐれはないだろうと思い捺印しました。問題は、退去完了時に60万受け取り、退去する物件の敷金の返還の話をしたところ、立ち退き料の60万に入っているということを、言い始めました。大家と不動産屋いわく、
退去料の話の時に、敷金返還も含まれると言ったと主張しておりますが、言ったという何の証拠もありません。当方も聞いておらず、言った聞いてないで平行線状態です。また、退去料の書面に一言も敷金返還を含むことなど記載されておりません。
当方としては、敷金返却を強く求めたいのですが、請求できますか?物件は取り壊しの予定で、原状回復の必要はないものです。また、請求できるとすれば、どのような手続きをとればよいかアドバイスをお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.

退去料の支払いと敷金返還は別のものと考えます。

従って、敷金返還の請求はできると考えます。

大家側が支払いを渋るようであれば、簡易裁判所に行って支払督促の発送を依頼することも一つの方法です。
簡易裁判所では一般人でも丁寧に教えてくれますので、比較的簡単に手続きをすることができます。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問