JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

アパートを賃借するにあたり、洗面所が設置してあるのですが、シャワーヘッドタイプではありません。自分でお金を払ってシャ

解決済みの質問:

アパートを賃借するにあたり、洗面所が設置してあるのですが、シャワーヘッドタイプではありません。自分でお金を払ってシャワーヘッドのタイプに変えて使うのは、改良だが、大家さんが人ではなく管理会社であるため難しいといわれました。造作?を壊すのではなく、明らかにハイグレードなものに変えるのも一切禁止されるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
他人の所有物ですから、許可なく改造したり、廃棄したりすることは
できません。一般的な賃貸契約書では、明確に禁止されていますし、
器物損壊罪や横領罪といった犯罪に該当する可能性もあります。

友人にボールペンを貸したときに、『こっちの方が高いからこれを返す、
これでいいよね』ということにはなりませんよね。『なくしてしまったから、
これで勘弁して、ごめんなさい。』ということはあるかもしれませんが、
基本的に借りたものを返さなくてはなりません。

もっとも、ハイグレードなものへの変更ということですから、勝手に改造を
したとしても、退去時に賠償を求められるかどうかは難しいところで、
そのままでかまわないとされる可能性もあるでしょう。一方で交換費用等に
ついて請求を受ける可能性もやはりあり、ここは家主さんの裁量ということ
になります。
houmuをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

家主が損害賠償を請求してもばい賠償額が立証できなくても敷金は没収されると考えた方が良いですか?

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問