JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

マンションを賃貸に出していたが、そのマンションに住みたくなっても正当な理由がないと借地借家法のしばりでオーナーは賃借

解決済みの質問:

マンションを賃貸に出していたが、そのマンションに住みたくなっても正当な理由がないと借地借家法のしばりでオーナーは賃借人を立ち退かすことはできないと聞きました。正当な理由とは「他に住むところがない」などを言うそうですが、地球上のどこかに1個でも別の住居があれば退去申し入れできないのでしょうか。ほかに認められる正当な理由はありますでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

住むのが、貸している物件でなければならない事情があればいいのです。

親の介護に便利とか、自分自身が駅や職場に行くのが困難な状況でその物件でないと厳しいとか、です。
近くに他の借りやすい物件があると厳しいことになります。

具体的な結論は、ネット相談では出せません。
相手が出ていかなければ裁判をするしかない案件です。

また、その正当事由が弱いとしても立ち退き料で補うことは可能です。
正当事由と立ち退き料を総合して正当と言えればいいのです。
jo-banをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
本サイトは無料相談サイトではありません。ご質問にはできるかぎり詳しく回答しました。そして、補足の質問に対して回答はします。質問は放置することなく、回答が参考になった場合には必ずプラス評価をしてください。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問