JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 54
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

工場の隣地の 地下調節池(深さ23m、31000m³)が築造されました、築40年の工場(鉄骨平屋)が不同沈下しました

質問者の質問

工場の隣地の 地下調節池(深さ23m、31000m³)が築造されました、築40年の工場(鉄骨平屋)が不同沈下しました、工事前の説明では、「隣接ですが安全である」、しかし現在 地盤沈下の影響範囲であることが、情報公開資料で明らかになりました、損害賠償請求をしておりますが、当方の過失責任を問われそうなのです 当地は 平地部で 軟弱地盤地帯でありますが 工場は 天井走行クレーン(1トン)を稼働しています、工事前にそのことを告げましたが、「影響ないと言われ」安心していましたが、クレーンは 傾斜で(千分の六)止まらず、床面は傾斜ができ 油だまり傾斜に困っています、事前の警告が有れば 対応を考慮できたのですが。判例では 軟弱地盤上であること、基礎杭がない事を理由に、過失相殺されることが納得できません、対抗策はないものでしょうか、建築鑑定は高額費用で悩んでいます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問