JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 54
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

既存宅地内に建築物を建てるに当たり建ぺい容積率を増やすために隣家の調整区域を利用させてもらい(正式な借地ではない)建

質問者の質問

既存宅地内に建築物を建てるに当たり建ぺい容積率を増やすために隣家の調整区域を利用させてもらい(正式な借地ではない)建築確認受理(建築完了までの申請は未申請、というかできなかった)、隣家には現金の謝礼をしました。その後数十年経ってから同じ隣家が、前記調整区域内の土地に家族の家を作ると言い出し、建築確認を取れないことに対する補償を要求するようになりました。補償の必要性と必要であれば妥当な金額の基準等を教えていただきたい。また、合わせて隣家の建築が可能となる手立てがあるのか(当方の建物が既存不適格となる等)も知りたいと思います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問