JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 312
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

お世話になります。事業を始めようと土地を捜していました。丁度よい空き地があり、不動産屋さんに交

解決済みの質問:

お世話になります。 事業を始めようと土地を捜していました。丁度よい空き地があり、不動産屋さんに交渉をお願いしました。地主さんの了解が得られ、借りられそうですが、仲介料はどれ位が適当でしょうか。地主さんとの交渉から始まっているため、通常の貸借契約以上の費用が必要でしょうか。


ご教示の程、宜しくお願いいたします。


 

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.

宅地の賃貸借の契約になりますので、仲介手数料は地代一カ月分になるのですが、 それですとあまりに金額が少なくなる為、権利金の授受がある場合はその金額の売買があったとして、手数料を請求できる法律になっています。この報酬の額の上限は、宅地建物取引業法により国土交通大臣が告示で定めるものとされており(法第46条第1項)、宅地建物取引業者はその告示の規定を超えて、報酬を受けてはならないという制限があります(法第46条第2項)。

権利金等の授受がなく、最初の土地賃貸借契約となりますと、仲介手数料の根拠となるのは1ヶ月の地代相当額なので、不動産業者はこの仲介手数料で仲介手続きをすることは割にあいません。

従って、このような場合は契約対象土地の借地権価格の売買があったものとみなして、その価格×3%+6万円を仲介手数料としてではなく、コンサル料や他の名目で請求する事例が多いようです。事前に報酬について不動産業者に確認をしてをしておく必要があると考えます。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございます。


よく分からない所がありますので、土地の価格が5千万、1か月の借地代が50万、権利金500万の場合ですと、具体的にはどのうような計算になるのでしょうか?


5千万の3%(150万)+6万円をコンサルト料として支払う必要があると言う事でしょうか? 

専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.
権利金500万円の授受がある場合は、この金額を売買に係わる金額とみなして報酬の計算をします。 500万円×3%+6万円=21万円(消費税別)が報酬金額となります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございました。


権利金は、定期借地の期限が過ぎた時に帰ってくる保証金と同じと思っていましたが、異なるものでしょうか? もし異なるものであれば


ある程度の金額を権利金(どれ位が一般的なのか分かりませんが)として支払い、その3%を報酬とした方が良いのでしょうか?


(ただ権利金がどういうものかによってどちらか良いか変わると思いますが)


 


何も知らなくて済みません。

専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.
権利金は借地権の設定そのものに対価を要求するものですので、保証金とは違い、契約終了時には返還されない性質のものです。権利金を支払う契約であれば、その金額の3%を報酬とする目安でよろしいかと考えます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご丁寧な回答ありがとうございました。

専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.

お役に立ちましたら幸甚に存じます。評価をよろしくお願い致します。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問