JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

先日中古物件を購入したのですが購入前に この家は雨漏り等ありませんからと言っていたのに 雨が降った日に行くと数カ

解決済みの質問:

先日中古物件を購入したのですが購入前に
この家は雨漏り等ありませんからと言っていたのに
雨が降った日に行くと数カ所雨漏りがありました。
売主と売買契約書を交わす際に雨漏りはありませんと
サインももらいました。
この場合は売り主側が修理する義務があるので
しょうか?不動産側は売主に相談しますが修理費用は
こちらも出して下さいと言われました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.

売買の目的物に隠れたる瑕疵があったときは、買い主は、1年以内に契約を解除したり損害賠償を請求することができます。(民法570条)ちょっとした雨でも雨漏りがするような場合は売り主は責任を負うことになります。この目的物の瑕疵は契約締結時に存在するものでなければなりません。また、隠れた瑕疵というのは通常の注意を用いても発見されない瑕疵ということです。従って、瑕疵の存在について買い主の善意・無過失が要求されます。

売り主が責任を負わないという特約がある場合でも、売り主が雨漏りの瑕疵を知りながら、これを買い主に告げなかった場合は、その特約は無効となり、売り主は責任を負う必要があります。従って、雨漏りの修繕義務は売り主にあります。売り主が修繕をしない場合は、損害賠償を請求することができると考えます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
売主はそこに住んで居たのではなく売主の息子が
住んでいました。しかし雨漏りがないとサインしたのは
売主です。私は今後どのようにしていけばよろしいので
しょうか?
専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.

不動産業者を通して、あくまでも売り主の責任を追及していくか、妥協点を探して折り合いをつけることにするかを選択することになるかと思います。

不動産業者では埒が開かなくて、あくまでも売り主の責任を追及するとなると最終的には訴訟になります。

全国すべての弁護士会が設立しているわけではないですが、ADRセンター(裁判外紛争解決機関)を利用する方法があります。
裁判外紛争解決機関として「民事上の紛争」全般を取り扱っています。 住宅紛争は基本的に全て持ち込んで解決してもらうことができます。

鹿児島県弁護士会

http://www.kben.jp/
  

質問者: 返答済み 4 年 前.
わかりましま。
最後に週末に引っ越そうと思っていたのですが
解決してからのほうがいいでしょうか?
専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.

現在お住まいの明け渡し予定状況によると思いますが、猶予があるようでしたら、解決してから入居する方が修理やその結果確認がしやすいと思います。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問