JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

平成11年に我が家を建替えた時隣家が我が家の土地に食い込んでいたが、隣家が建替えの時に相談しましょう、と言う言葉を信じ

質問者の質問

平成11年に我が家を建替えた時隣家が我が家の土地に食い込んでいたが、隣家が建替えの時に相談しましょう、と言う言葉を信じ 今回隣家の建替えが来たが、土地問題など知らない と一蹴された。我が家を建替えるときにお互い古い図面等を持ち寄り境界線がずれている事を確認して居るにもかかわらず。尚 平成11年の我が家建替えの時、路地の奥の為二項道路分の境界杭を決めないと建築許可が下りないと言われて、新築するのに隣家との境界線をはっきりさせるまで期間的に待てないので、二項道路の確定の為に 暫定的に杭を打つことを認めたら、その杭が隣家との境界杭に確定されてしまった。更にどれに於いても知識も無かったので書面には残していない。登記簿上及び取引上の土地の変動は一切されていません。このような場合土地を取り戻す手段は一切無いものでしょうか。法廷闘争に持ち込んで法外な料金が掛かる以外は取り戻したいです。亡き義父の願いを叶えてあげたい気持ちでお問い合わせしました。宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

裁判以外の方法で何とかならないかということであれば、可能性があるの「筆界特定制度」を利用することくらいしかないかと存じます。

 

筆界特定制度とは,土地の所有者として登記されている人などの申請に基づいて,筆界特定登記官が,外部専門家である筆界調査委員の意見を踏まえて,現地における土地の筆界の位置を特定する制度です。

 

筆界特定とは,新たに筆界を決めることではなく,実地調査や測量を含む様々な調査を行った上,もともとあった筆界を筆界特定登記官が明らかにすることです。

 

筆界特定制度を活用することによって,公的な判断として筆界を明らかにできるため,隣人同士で裁判をしなくても,筆界をめぐる問題の解決を図ることができます。

 

この制度をご利用したいとお考えであれば、最寄りの法務局にて、一度ご相談されてみるとよろしいかと存じます。

 

また、筆界特定制度の詳細については下記をご参照ください。

 

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji104.html

 

kanekiyoをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

法に準じた基礎と成る所を特定する方法としては十分納得いく対処法を教えて頂きました。 しかし 土地を取り戻せるか、 取り戻すにはどのように対処すべきか、 その事に関しては余り触れられては居ない様な気がして成りまん。
期待が大きかった性も有るかと思います。ここまでのご回答ありがとうございました。ここまでで結構です ありがとうございました。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問