JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 54
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

おねがいいたします。 私が家督相続で受け継いだ土地にいとこ名義の家屋が建っています、 法務局で建物図面を確認致し

質問者の質問

おねがいいたします。
私が家督相続で受け継いだ土地にいとこ名義の家屋が建っています、
法務局で建物図面を確認致しますと、土地家屋調査士が昭和63年に作成したものですが
現状とはかなり異なる図面になっております(新築ですので途中で増築はしていません)
問題点1. 現状の土地と建物の関係がまるで異なる図面が登記されていますが
       図面作成者の土地家屋調査士に責任はないのですか?
       (相談にのってもらった法務局の方は、この土地家屋調査士は現在も活躍
        しているとのことでした)

元々は父が弟の為に家屋は建て与えたが土地は与えていない為にこのようになったものと
思いますが、父は生前土地の名義 はそのままにしておこうと言っていました。
問題点2. 固定資産税は昭和64年から積算しても50万円弱になります、
        年率1%で複利計算しても軽く50万円は超えます。
       このような場合の利率はどのように考えればよろしいでしょうか?
       交渉時に使用する参考資料にしたいとおもいます。

父は固定資産税の事は愚痴っていましたが弟が早く亡くなったのが理由なのか
土地の名義変更は希望していませんでした、現在は義理のおばといとこの家族
が住んでいます。
問題点3. 地籍調査がありこのようなことをはっきり認識することとなりました。
        来年の今頃に地籍調査の結果がでますのでその機会に
        売却か賃貸にしたいとおもいます、
        正直なところ自分の名義でないのは分かっているのに相談もなく
        自由に建て替えもおこなっています、私も退職をいたしましたので
        このような事柄に取り組む事となりましたが安値売却ではなく
        高値売却にしたいとおもっています。

       売却金額の基準をお教えください。 お願い申し上げます。

        (建て替えを行った部分はs63年に新築した部分に重なっていて
         登記しようにも図面上に入らないので最初に登記した図面を
         変更しない限り登記はできないとおもいます)
        登記済み図面はさかのぼって変更できるものなのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問