JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

平成11年に区画変更で住居表示が変更になりましたが、共有名義の家と土地の登記簿の内容変更はしていませんでした。平成1

解決済みの質問:

平成11年に区画変更で住居表示が変更になりましたが、共有名義の家と土地の登記簿の内容変更はしていませんでした。平成11年の日付で市役所からきている通知書(変更証明書)は、保管しております。
このたび離婚することになり、財産分与で夫名義分の半分の所有権移転をしますが、一緒に変更の手続きはできるのでしょうか。もしかしたら離婚前に(実印登録を旧姓に変えたり、戸籍や名前が変わる前に)変更しておく必要があるなら、終わるまで離婚届を出せませんよね。ちなみにローンは残っていません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
住所の変更・氏の変更と名義変更(持分移転登記)は一緒に行うことができますので、何も心配はいりません。
一緒に行う際には、通常の名義変更に必要な書類のほかに市役所の発行する住所の変更の証明書や、氏が変わったことの証明として戸籍を用意する必要があることと、法務局や司法書士に支払う費用が若干増えるだけです。

先に離婚届を出してからそれらの準備を始めても構いませんが、できれば必要な書類の用意やどのタイミングで行うかということも含めて、早めに司法書士に依頼して進めた方が安心だと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。では、司法書士に所有権移転と住居表示変更を依頼する時には


離婚したことがわかる戸籍謄本または住民票


離婚協議書


不動産の登記証


市役所からの住居表示変更証明書


実印と印鑑証明(妻は離婚後の氏変更後のもの)


 


 


ということになりますでしょうか。他に離婚前に用意しておくものはありませんか。

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
書類の記載内容によって他にも必要になる場合がありますので、司法書士の指示を受けて集めるのが一番ですが、一般的に必要なものは
1 登記済証(または登記識別情報)
2 持分を渡す者の印鑑証明書
3 持分を受け取る者の住民票
4 登記上の住所と現住所との繋がりがつく証明書
5 離婚による氏の変更の記載のある戸籍謄本
6 不動産の評価証明書
です。
ほかに司法書士が用意する登記原因証明情報、委任状に署名押印することになります。
AEをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問