JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 54
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

田舎に借地に建てられた登記された築100年近い古屋があります。 途中で改築しているので、その部分は築30年程です。 建物に関して、年間に国へ支払っている固定資産税は全部で¥68

質問者の質問

田舎に借地に建てられた登記された築100年近い古屋があります。
途中で改築しているので、その部分は築30年程です。
建物に関して、年間に国へ支払っている固定資産税は全部で¥6800です。
借地に対しては、祖父の時代に親友だった地主さんから当時の年貢として米1俵で借りた土地です。
現在は、祖父も当初の地主さんも他界し、契約書も交わされないまま年貢として、年間1万円の借地代を支払 い続けています。(現在は息子さん…70歳くらい)
20年前に実父が他界した時に、養母(実母は4歳の時に他界し義理の母)に財産放棄をしてくれと言われて、書類にサインをしました。
その後8年後に義母も他界し、負の財産である借地と古屋を遺産相続させられ ました。
義母には連れ子の娘がおり、現金は全て娘に譲り借地と古屋と墓は先妻の子供である私と弟で管理して行くようにと遺言書を作成していました。(義母は自分だけを永代供養のお寺さんに依頼していました)

丁度その頃、3人の子供を抱えて離婚したばかりで生活に追われ、後々の事を考える余裕も無く、法律的にも無知だったので、そのままにしていました。
一年後に、建物の固定資産税の請求書が、他界した父と義母名義で私の住所へ送って来たので、慌てて市役所に行き確かめると、父の他界時に放棄したはずの書類も提出されていないし、相続の放棄は3ヶ月以内なので、支払うしかないと言われ、今日までずっと支払ってきました。
建物を壊して平地にしないと地主さんには土地を返せないし、地代も支払うしかない状況です。
再婚して今は主人と細々と年金暮しをしていますので、余分なお金はありません。
弟は、精神障害を患っていて、国のお世話を受けてくらしています。
私も田舎の墓掃除や、古屋に風を通しに2時間もかけて行き来するのも辛い年齢に成ってきました。
無縁仏にしてしまうのも忍びないし、墓は何体も有って移動するにもお金がかかります。
後何年かすれば、私も他界し、子供達に迷惑をかけてしまわないかが気がかりで、夜になると眠れなくなります。
せめて子供達に迷惑がかからないように、今からして置くべき良い方法は無いのでしょうか?
この家やお墓は負の財産になるので、子供達には相続の放棄をさせた方が良いと思いますが…
どうすれば良いのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問