JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 311
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

5月に 一人暮らしをしていた母が亡くなり、残った家と土地を売却しようと思っています。 隣に叔父が住んでいて、母

解決済みの質問:

5月に 一人暮らしをしていた母が亡くなり、残った家と土地を売却しようと思っています。

隣に叔 父が住んでいて、母が生存中も 色々といやがらせがあったようです。

母は一人暮らしで元気でしたが、突然亡くなったため、発見が遅れ(1か月以上)
家は瑕疵物件になってしまいました。

不動産会社が 家の査定等で訪れると、その叔父が「こんな家住めるわけない。死体が一か月以上あったんだぞ」と
不動産会社の人を追い払ってしまいます。

今日 専属契約を結んだ会社には 全て事情を話し、家は解体して更地にして売る予定ですが、
やはり、会社の人が写真をとっていると、「売るのかい?買う人いるのかい?」と妨害しようとします。

また、うちの敷地ギリギリに小屋を建てたり、うちの敷地内まで畑にしたりと やりたい放題です。

今後、家の解体 土地の売却をする中で、いやがらせや妨害があるのではと心配です。
前もって 何か手をうつことはできないでしょうか?

ちなみに、この叔父が住んでいる隣のアパートは、亡き父と その兄弟2人の共同財産でした。この叔父は借金をして 権利がなくなっていますが、勝手に住んでいます。他の2人の兄弟はそれを許しています。
アパートが建っている土地は、他の兄弟のものです。

この叔父は、近所に ゆくゆくは あの家は俺のものだと言っていたようです。

解体費をかけて 妨害にあって売れなかったらどうしようかと不安です。

何か いい方法があれば よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.

何かとうるさい叔父様がおられるということで、お察し申し上げます。

売却の方針は決まっておられるので、円滑に売却できる方法を確保するということだと思いますが、建物を解体して更地にした場合、敷地の管理保全をしっかりする必要があると思われます。境界線を明確にし、その境にフェンスやロープで敷地を侵害されないようにする必要があります。お母様がその場所で亡くなられたとのことですが、事件性がないので、さほど問題になるとは思われません。自分の権利をしっかり守り、早期の売却をお祈り申し上げます。

質問者: 返答済み 3 年 前.


これ以上 売却の妨害を受けた場合


どこに相談したらいいのか?


何か証拠を残しておいた方がいいのか?


北海道なので、雪が降る前に売却したいのですが


妨害を受けて、訴訟になったりすると


時間がかかり、維持費等の損害を受けてしまいます。

専門家:  pote888 返答済み 3 年 前.

「敷地内まで畑にしたり」となると妨害排除請求もできますので、相談先としては、弁護士会仲裁センター「全国すべての弁護士会が設立しているわけではありませんが、ADRセンター(裁判外紛争解決機関)ですが、裁判外紛争解決機関として「民事上の紛争」全般を取り扱っています。 住宅紛争は基本的に全て持ち込んで解決してもらうことができます。

また、日本司法センター「法テラス」、解決に役立つ法制度や地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの関係機関の相談窓口を 法テラ ス・サポートダイヤルや全国の法テラス地方事務所にて、無料でご案内しています(情報提供業務)。などが適当かと思います。やはり写真、録音、映像などの具体的な妨害状況の証拠を残した方がよいでしょう。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問