JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 54
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

不動産の名義変更についての質問です。義理の父親ですが現在 自宅・アパート・マンション(1室)の3つの不動産を持ってい

質問者の質問

不動産の名義変更についての質問です。義理の父親ですが現在 自宅・アパート・マンション(1室)の3つの不動産を持っています。こどもは私の妻と妹の二人です。 3つの不動産ですがアパートとマンションは妻に譲りたいと考えて います。ただしマンションのみ懸案が出てきました。去年12月までは孫が住んでいましたが、引っ越した後はずっと空き家状態が続いていて、父親としては空き家状態はまずいのでなんらかの対応をしたいと考えています。名義の状態ですがマンションは父親・母親の共同名義でアパートは父親の名義です。 また母親は現在認知症で自ら判断することができません。 質問ですが;
(1)今まで調べた範囲ですが、生存中でも相続手続きは可能と聞いています(亡くなったあと相続税を納める)、母親が認知症なのですが、父親・母親の共同名義になっているマンションを妻・母親の共同名義にすつことは可能ですが、また名義変更後 借家にするとしてなんか懸案がありましか?
(2)相続税の税金控除ですが、子供が二人なので2500万あると思いますが、マンションの値打ちは1000万位で、先行でマンションを譲り受け、最終的にアパートを譲り受けた場合、2500万の税金控除をフルに活用できるものですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問