JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属・土地家屋調査士資格保有
67942392
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

借地上の崖の補修は、地主それとも建物の所有者どちらですか。

解決済みの質問:

借地上の崖の補修は、地主それとも建物の所有者どちらですか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。

確認させてください。

賃貸借契約書には、崖の維持管理について何と記載されていますか?

質問者: 返答済み 4 年 前.


60年以上も前からの借地なので、契約書はありません。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
そうでしたか。

当事者間で特約がないのであれば、賃貸借において、目的物の使用・収益に必要な修繕義務は、賃貸人が負うのが原則です(民法606条1項)。借地契約でいえば、借地にがけ崩れや陥没があった場合は、賃貸人が修繕するのが原則です。

したがって、崖の補修は法律的に地主にあります。

shihoushoshikunをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問