JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 54
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

再度お願いいたします 昭和60年11月に土地 建物の仮売買契約をむすびました 近隣の土地分筆問題で当初は

質問者の質問

再度お願いいたします

昭和60年11月に土地 建物の仮売買契約をむすびました
近隣の土地分筆問題で当初は未確定のまま契約しました 代金2560万円 手付金300万円
翌年2月より古屋改修し新居として生活しております
仮契約名義人は 私と先方の先代です(現在は息子さんが継承) 交渉は父親同士が行っておりました

私も昭和61年より銀行ローンで2 000万返済しておりました(10年)
平成14年ころ家を改修しようとしたところ 名義がまだ変わっていないことに気づき
父に確認したところまだ分筆できず放置してあり 先方からも連絡無いとのことで金銭も未払と知り愕然としました
平成24年10月頃に息子さんからこの件で連絡有り 25年2月に分筆完了したとのことで 話を進めています 
質問は
1 売買金額を含めて契約は有効なのか 期限は未記入 (昔と今では代金に大きな誤差がある)
2 時効取得は可能か
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問