JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

引っ越して5日めです。家は賃貸マンションです。 通勤に一時間半かかるので、帰宅はだいたい9時か10時になりますが、

質問者の質問

引っ越して5日めです。家は賃貸マンションです。
通勤に一時間半かかるので、帰宅はだいたい9時か10時になりますが、
神経質な隣人がいるのか、帰宅直後に必ず隣の壁が5~6回叩く音がし、今夜はベランダの洗濯物を取り込んで窓を閉めたら、「うるせーっ!」と絶叫が。
明日不動産屋に話しますが、こう いう隣人情報は全く聞かされていませんでした。それに隣人から騒音の苦情があったとの不動産屋からの手紙が昨日入っていました。

こういう情報は事前に借り主に知らせるものだと思いますが、法的にいかがでしょうか?
また、不動産屋を介しても解決が無理な場合、再引っ越しするとしたら、不動産屋の過失として再引っ越し費用全額負担とできるんでしょうか?

ちなみに夜はできるだけ静かにしようとしています。扉の音や足音(できるだけそっと歩いてます)で怒鳴られる等、不動産屋から手紙が来る等、異常だと思います。

アドバイス、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

その異常な隣人のことを、そもそも不動産屋が知っていたかどうかが問題ですよね。
知らなかったのであれば、説明しようがないですし過失もありません。
そうすると、なんの請求もできないということになります。

仮に知っていたところで、「神経質な人」というのは少なからずいるものです。
それを逐一、借り主に教える義務まではないと考えられるでしょう。
そうすると、不動産屋に賠償等の請求はできないということになります。

むしろ本件は、その神経質な隣人を相手とするべきであり、
その隣人から今後迷惑行為があるようであれば、
それに対しての損害賠償請求をするということになるでしょう。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問