JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 土地を借りて事業を始める計画なのですが、賃貸契約にあたり仲介不動産業者から次のように請求が

解決済みの質問:

よろしくお願いします。
土地を借りて事業を始める計画なのですが、賃貸契約にあたり仲介不動産業者から次のように請求が来ています。これが妥当なものなのかあるいは不法なものなのかお教えくださ い。
    仲介手数料   1ヶ月の賃貸料+税
    事務手数料   2ヶ月分の賃貸料+税
    その他、収入印紙(200円)、公証役場手数料(概算 賃貸料の13%)
以上です。アパートなどの賃貸では0.5~1ヶ月分と聞いてますが、土地の場合はアパートの賃貸などとは異なるものなのでしょうか。よろしくお願いたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.

賃貸借契約の仲介手数料は宅地建物取引業法で定められております。

借り主の承諾があれば、月額賃貸料の1ヶ月分まで(消費税別)です。

従いまして、事務手数料は公正証書の作成に関わる事務手数料と思われますが、根拠のない請求と考えます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


確認ですが、仲介手数料にはこの場合の「事務手数料」も含まれるということでしょうか、また土地の賃貸もアパートなどの賃貸と同様であるということでしょうか、以上2点ついて確認させてください。よろしくお願いします。

専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.

仲介手数料はあくまでも賃貸借契約締結に対する成功報酬ですので、事務手数料として別個に請求する場合は別扱いとなります。

土地の賃貸の場合もアパートなどと同様に、月額賃貸料の1ヶ月分までが受領できる報酬金額ですが、土地などで権利金の授受(返還されないもの)がある場合は、その権利金の額を売買金額と見なして売買の場合と同様な報酬金額を算出することもできます。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問