JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

ローンのある自宅を改修してデイサービス事業に使用を考えています。金融機関には知らせない予定ですが、問題有りますか?

質問者の質問

ローンのある自宅を改修してデイサービス事業に使用を考えています。金融機関には知らせない予定ですが、問題有りますか?

支払いが滞らない前提です。

フラット35ではありません。

別の場所に住みます。(真向かい)

その金融機関から事業融資予定なしです。

火災保険は事業用に切り替えます。

介護保険法、建築基準法、消防法はクリアできます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

住宅ローンでの融資であれば、契約上、用途変更(居住用以外)した場合、たとえ延滞がなかったとしても、期限の利益喪失(一括返済義務の発生)約款が入ってることが一般的です。

 

金融機関に対して連絡せず、支払いも滞らないのであれば、相手方にそのことが知られ無い可能性もありますが、もし知られた場合は、上記のとおりローンの支払いを続けていても、残債の一括返済義務が生じ、その支払いができないようであれば担保実行され、不動産が競売にかけられる恐れがあります。

 

まずは契約書をご確認すべきですが、やはり約款がある場合は上記のようなリスクが生じることをご理解の上で、自己責任での判断となろうかと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
返信遅くなりました。色々と情報収集しまして時間がかかりました。

約款には用途変更に触れてはないですが、内容の相違がある際は事前に書面にて承諾が必要との記載がありました。
司法書士の観 点から教科書的には一括返済のリスクがあるかもしれません。
同銀行の別の支店の担当者曰く『支払いが滞らないし、郵便物も届くならたとえ分かったとしても見ない振りで一括請求したというそのような事例はない』とのことでしたが?

同じ業界の大手FCの会社ではローンのある自宅にて開業しているオーナーの実績があり問題はないそうです。あくまでも金融機関によりけりとは思いますが。

四角四面に考えては一括返済となるのでしょうが、銀行も商売ですのでせいぜい優遇金利が外れるリスクのような世の中のようですが如何でしょうか?

私としては不動産関係者に実際にある実例ですとか、表向きはだめでも実際しているなどの話しが詳しく知りたいところでした。
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

おっしゃるとおり、現実にはバレなければ問題ない、また相手方も仮にバレたとしても支払さえしてくれればいいというケースも多々あろうかと存じます。

ただ、皆やってるからやっていい、お金さえはらっていれば問題ないという理屈は、法律的な観点での話ではありませんのでそれに同調したり、安易に肯定するようなご回答は致しかねます。

小職としましては、今回のケースで法的な問題がないとはいえないとしか言いようがございませんので、これ以上の回答は辞退させて頂きます。

別の専門家によるご回答をお待ちください。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問