JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

gyoenlegalに今すぐ質問する

gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

平成21年9月17日に金1,000万円を年利15%で知人(女性)に貸しましたが、平成24年8月31日を最後に返済がな

質問者の質問

平成21年9月17日に金1,000万円を年利15%で知人(女性)に貸しましたが、平成24年8月31日を最後に返済がなされていません。現在貸付残高7,393,790円と平成24年1月31日現在の利息464,8 97円が未払いとなっております。先日、内容証明付き郵便(配達証明付き)にてその旨連絡をしましたが全く無視されています。彼女の夫は現在名古屋
にて単身赴任中ですが、彼にも彼の妻に出した催告書のコピーを送りましたが、これも一切無視されています。判っている財産としては夫名義のマンションが横浜にあり、現在彼女のみが住んでいます。妻にも、夫にも連絡を取ろうと何度も携帯電話をかけましたが双方とも電話に出ません。因みに、彼女の夫には1,000万円の内300万円の保証人になって貰っております。今後どのように債権の回収をすればよいのかをお教え下さい。 アルファより
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.

当方は司法書士です。

確認させてください。

①裁判手続きもやむを得ないということでよろしいでしょうか。

②借用書ないし金銭消費貸借契約書はあるということでよろしいですか。

③ご質問者様は横浜にご在住でよろしいですか。

 

④相手の住所は把握されていますか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

1.裁判手続きまで考えている。
2.借用書あり。


3.横浜在住です。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

回答させていただきます。

電話等にも出てくれないとのことですので、こういった場合はやむを得ないですが裁判所の手続きを使うことになります。

裁判手続きには種類がありますが、今回のように貸金請求の場合は、①民事訴訟、②支払督促が使えそうな手続きです。

①民事訴訟を起こす場合、ご質問者様及び相手女性の住所地の地方裁判所が管轄になりますので、訴状を提出して頂くことになります。
管轄については下記をご参照ください。
【神奈川県内裁判所管轄】
http://www.courts.go.jp/saiban/kankatu/kanagawa/index.html

なお訴状の書き方がわからない場合、窓口でも教えてもらえます。
ちなみに裁判所のHPにもひな型がでおりますので、こちらを埋めて提出頂いても構いません。
【貸金請求-訴状】
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_minzisosyou/syosiki_02_01/index.html

よく質問されるのですが、弁護士や司法書士(金額140万円まで)に依頼しなくても自力で訴訟を起こすことが可能です。
約750万円の貸金請求であれば、印紙代と切手代として5万円弱くらいで裁判を起せます。

もっと初期費用や手間を抑えたい場合は、②支払督促という簡易裁判所の手続きを使って請求されてもよろしいかと思います(相手方の住所地を管轄している簡易裁判所の書記官に申し立てをして頂きます 。金額に制限はありません)。
支払督促に対して相手が2回異議を述べなければ、通常の訴訟で勝ったのと同じ効果になり強制執行を行うことが可能です。
また、通常の訴訟のように取り急ぎ証拠がなくても使うことができる手続きで、納める収入印紙や切手代も通常の半分ほどで済みます。
なお、相手方から異議が出た場合は通常の訴訟手続きに移行しますが(その時は足りない印紙と切手を納めていただくことになります)、相手方が異議を出さなければ裁判所に何度も行く必要がなく証拠の提示もいらないので非常に簡便な手続きです。

支払督促については下記のサイトが分かりやすくまとまっておりますのでご一読ください。
【支払督促-裁判所HP】
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_13/index.html

支払督促もひな形や書き方は管轄の簡易裁判所の窓口(相手方住所地の簡易裁判所)で教えてもらえますので、こちらも代理人を立てずにご本人様でも簡単に利用頂けます。
なお、夫に対しても支払督促を使おうとしている場合、単身赴任に伴い住民票を名古屋に移していたら名古屋の簡易裁判所に申し立てをしなければいけなくなり、異議が出たら名古屋で裁判をすることになりますので、その場合は、夫婦2人に対して横浜の裁判所で民事訴訟を起こされてもよろしいかと存じます。

以上の手続きを使い、相手方に返金を求めていくことになります。
なお、いずれの手続きも司法書士事務所で書類作成は承ることができますので、訴訟は自分でやる。でも書類の作り方がわからないという場合は司法書士会で紹介を受けられるとよろしいかと存じます。
上記の説明で面倒だなと感じた場合は弁護士さんに依頼することをお勧めいたします。

その他わからない点がございましたら、返信機能を使ってご返信ください。

gyoenlegal, 司法書士
満足したユーザー: 485
経験: 中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
gyoenlegalをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答有難う御座います。支払催促を夫婦二人に対して行う場合は


それぞれ別件扱いになるのですか?また其の場合は妻に対する分の


必要な費用プラス夫に対する分の費用が別に必要ですか?費用合計は


幾らほどかかるのでしょうか?ご回答お待ちしています。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答有難う御座います。支払催促を夫婦二人に対して行う場合は


それぞれ別件扱いになるのですか?また其の場合は妻に対する分の


必要な費用プラス夫に対する分の費用が別に必要ですか?費用合計は


幾らほどかかるのでしょうか?ご回答お待ちしています。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
ご回答有難う御座います。支払催促を夫婦二人に対して行う場合はそれぞれ別件扱いになるのですか?
→別件にすることも可能ですし、一緒にすることも可能です。

また其の場合は妻に対する分の必要な費用プラス夫に対する分の費用が別に必要ですか?
→別件で申し立てれば当然夫分の費用は発 生しますし、一緒に申し立てたとしても夫に対して支払督促を送達しなければいけませんのでその分の切手代は加算することになります。

費用合計は幾らほどかかるのでしょうか?
→約750万円の支払督促であれば、印紙代は2万円で切手代は2人分で2,500円ほどかかります(裁判所によって異なるため詳しい金額は窓口でお尋ねください)。
もし相手から異議が出た場合、同じ金額程度追加で納める必要がございます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答有難う御座います。それでは夫婦一緒に支払催促を行いますが、それぞれに対する金額は幾らづつの請求をすればよいのですか?因みに妻に対する請求額は1/31現在、元金:約740万円、利息:約40万円になっており、夫は本件に300万円の保証をしております。ご回答宜しくお願いいたします。


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.

請求の仕方(書き方)は色々ありますが、一例としては、妻は金780万円及び金740万円に対して平成25年2月1日から支払済みまで年15分の割合による金員を支払え、夫は金300万円を支払えという形になるかと存じます。

質問者: 返答済み 3 年 前.

夫に対しては300万円は理解しましたが、妻に対しては元金の残高、約740万円と其の利息、約40万円ではないでしょうか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.

そういう書き方もあります。 金740万円及びこれに対する平成 年 月 日(利息の発生の日)から支払済みまで年15分の割合による金員を支払えという書き方になるかと思いますが、元金が740万円になった時以前に利息が発生している場合は複雑な記載になる恐れがあります。。

 

当職の一例は、ご質問者様が1/31現在でこうであると記載しておりましたので、それに即して提示しただけです(なお利息計算が複雑な場合は一旦区切った方が明確ですので、こちらをお勧めします)。

gyoenlegal, 司法書士
満足したユーザー: 485
経験: 中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
gyoenlegalをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

いよいよ支払催促の手続きに入ろうと思いますが、夫は現在単身赴任で名古屋にいますので、夫分の300万円の支払催促の宛先は横浜市の現住所に


するのか、それとも彼の会社の名古屋支店宛てに送るのが迷っています。前回の内容証明付き催告書は彼の名古屋の現住所が不明だったので、会社宛てに送りました。因みに彼は現住所の横浜市から転出をしておりません。


ご回答お願いいたします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
夫ないし家族が受け取ってくれるところに送るのが一番です。
ですので、会社に送れば本人が受け取ってくれるだろうと思えば会社でも構いませんし、家族が代わりに受け取ってくれるなら、住所地でも構わないかと存じます。
ただし、その後異議が出た場合名古屋でしたらいろいろと不都合が発生する可能性がございますので、横浜市に現住所があるなら、横浜で手続きをされた方がよろしいとは思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.


支払催促の申し立てをする為に書式をダウンロードしてみた所、請求の趣旨及び原因と言う書面がありました。此処には遅延損害金年5%とありますが、


これは損害金の法定利率ですか?債権者が勝手には決める事は出来ないのですか?ご教示下さい。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
>これは損害金の法定利率ですか?
→その通りです。利息・損害金の約束が全くない場合は、民法404条により年5%の遅延損害金を付すことができます。

>債権者が勝手には決める事は出来ないのですか?ご教示下さい。
→"勝手に"というわけではありませんが、本件は利息として年15%を付して支払うことを相手方と合意されておりますので、民法419条により年15%まで請求できます。
質問者: 返答済み 3 年 前.


昨日横浜簡易裁判所にて支払催促の手続きをやろうと思っていた矢先に


債務者から自己破産した旨の連絡がありましたが、自己破産されれば、


今後は債務者本人からは債権の取立てが出来なくなるのでしょうか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
回答させていただきます。

債務者が自己破産をしてしまえば、裁判所の関与のもと手続きが行われます。
ご理解のとおり、債務者本人から直接取り立てることはできなくなります。

ただ、本当に自己破産したかどうかは確認された方がいいかと思います。
こういったケースでは、少しでも返済を伸ばしたいから嘘を言うこともありますので。
質問者: 返答済み 3 年 前.


横浜の弁護士から2月4日付けの通知書が来まして債務者(妻)の債務整理を受任したとあります。また其の通知書の中に債務者の正確な負債状況を確認する為に同封の債権調査票の次の(1)から(4)までに書き込み、かつ債務者と当方の間の初回取引から今までの全ての取引の経過を記入の上2月14日(昨日)までに返送するように言っております。


 


1.債権の発生年月日、原因、元本額、利息、損害金、支払い方法などの 


  約定。


2.債務者との間で契約の書簡があれば、その年月日、元本額、利息、損


  害金支払い方法などの約定。


3.保証人・担保の有無及びその内容・氏名。主債務者の氏名


4.現在における元本残高、利息、損害金。


 


最後に本件の方針は破産ですとあります。私の理解では、この弁護士が


債務者の自己破産手続きのための代行を受任したと言うのが本通知の


主旨であり、このまま通知に対する返事をせずに、当方が来週中に横浜の簡易裁判所に行き、予定通りに主たる債務者(妻と)連帯保証人(夫)に対して支払催促の手続きをする事を妨げるものではないと考えていますが、それで宜しいでしょうか? また私は東京にて仕事をしており、これから頻繁に横浜に行く事が難しいと感じており、本債権の求償に関して私の友人に委任したいと思っておりますので委任状を公証人役場で作るのにどういう風に書けば良いかをお教え下さい。


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
回答いたします。

>最後に本件の方針は破産ですとあります。私の理解では、この弁護士が債務者の自己破産手続きのための代行を受任したと言うのが本通知の主旨であり、このまま通知に対する返事をせずに、当方が来週中に横浜の簡易裁判所に行き、予定通りに主たる債務者(妻と)連 帯保証人(夫)に対して支払催促の手続きをする事を妨げるものではないと考えていますが、それで宜しいでしょうか?
→ご理解のとおり破産開始決定(昔でいう破産宣告)が出ていなければ支払督促を起こしても構いません。
しかし、支払督促が認められても結局破産されてしまえば、破産する妻に支払督促を行うこと
は無駄になってしまいます。
ですので、どうしても支払い督促を行いたいのであれば、夫のみに対してすべきかと存じます。

また私は東京にて仕事をしており、これから頻繁に横浜に行く事が難しいと感じており、本債権の求償に関して私の友人に委任したいと思っておりますので委任状を公証人役場で作るのにどういう風に書けば良いかをお教え下さい。
→これは支払督促含む裁判手続きを友達に委任したいということでしょうか?
その友人は弁護士ですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

支払催促の手続きと仮執行宣言の発布までは 自分でしますが、債務者(妻)は横浜在住ですし、夫は単身赴任ですが時々横浜に帰ってくるみたいなので、もし債務者又は連帯保証人の夫の代理人であるこの弁護士から夫に関しても何らかの働きかけがあっても当方は直ぐには動けないので、友人(弁護士ではない)に協力を要請しようと思っています。つまり、債権を誰かに委譲するのでなく、私の時間の都合が付けば私自身が、そうでなければ私の友人が先方の弁護士その他に対応しようと思っています。そのためには友人が正当に私の代理人だと言う事でないと相手にされないかなと思いました。


 


 


 


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。
回答いたします。

ご友人が有償(報酬を受けて)で引き受けているのであれば、弁護士法に違反してしまうので、その点はご注意ください。
なお特に公証役場で委任状を作らなくても、通常の委任状で対応してくれる思います。
ダメだと言われたときに、弁護士にじゃあどうすれば対応をしてくれるか聞いて、その時に考えればよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

あくまで私が時間のないときのピンチヒッターですから、友人には無報酬で


頼みます。質問ですが、債務者(妻)の債務名義が確立してない段階で


連帯保証人である夫に対してのみ支払催促は出来ますか?


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.

質問ですが、債務者(妻)の債務名義が確立してない段階で連帯保証人である夫に対してのみ支払催促は出来ますか?

妻に対しての債務名義が無くても連帯保証人単独の責任追及はできます。

質問者: 返答済み 3 年 前.


先に述べましたように、横浜の弁護士事務所から主債務者(妻)の債務整理の受任の通知が来ており、2月14日までに当方よりそれに対する応答を求めて来ましたが、当方が連帯保証人(夫)に対する仮執行宣言つき支払催促の受領まで一切取り合わない場合は先方はどういう手段を講じる可能性があるのでしょうか?また何か当方に不利益があるのでしょうか?


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
先方はどういう手段を講じる可能性があるのでしょうか?
→相手はこちらに請求できる立場ではないので、特に何もして来ずに、粛々と破産の申し立てを進めてくると思います。

また何か当方に不利益があるのでしょうか?
→債権を申し出ておかないと破産手続きに加われない場合があります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

今週の水曜日に横浜の簡易裁判所にて支払催促の申し立て手続きをやろうと考えておりますが、再度確認をしたい点を下記に書きますのでよろしくお願いします。


1.妻(横浜在住)は既に自己破産手続きを弁護士に委任しているが裁判


  所にてまだ確定していない。しかしながらいずれ確定すると妻からの債


  務の返済は全く期待できない。


2.夫(名古屋在住)の横浜の自宅からの転出は不明。


3.夫にのみ支払催告をするともし夫が名古屋に転出していて且つ意義申   


  し立てがでれば名古屋地裁の管轄になるので、やはり妻と夫の両名に


  対して支払催告の申し立てを横浜簡易裁判所にて行う。


 


以上ご回答お待ちしております。


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
1.妻(横浜在住)は既に自己破産手続きを弁護士に委任しているが裁判所にてまだ確定してい ない。しかしながらいずれ確定すると妻からの債務の返済は全く期待できない。
→その通りです。

2.夫(名古屋在住)の横浜の自宅からの転出は不明。
→転出が不明だとしても受け取ってくれれば支払督促の手続きはできます。

3.夫にのみ支払催告をするともし夫が名古屋に転出していて且つ意義申し立てがでれば名古屋地裁の管轄になるので、やはり妻と夫の両名に対して支払催告の申し立てを横浜簡易裁判所にて行う。
→住んでいるとことが名古屋だと分かった段階で取り下げるという方法もあるかと思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

以前、下記のアドバイスを戴いておりますが、いまいち私の理解が不十分です。夫婦二人に対して支払を求める場合は、地方裁判所にて民事訴訟にするのですか?それとも簡易裁判所にて二人に支払い催促の後、夫からの異議が出てから、横浜の地裁で夫に対して民事訴訟をするのですか?私の意図は夫が仮に名古屋に転出していても、名古屋で裁判する事を避けたいと思っております。明確にご教示下さい。


 


以前のアドバイスの内容


+++++++++++++++++++++++++++++++
なお、夫に対しても支払督促を使おうとしている場合、単身赴任に伴い住民票を名古屋に移していたら名古屋の簡易裁判所に申し立てをしなければいけなくなり、異議が出たら名古屋で裁判をすることになりますので、その場合は、夫婦2人に対して横浜の裁判所で民事訴訟を起こされてもよろしいかと存じます。
+++++++++++++++++++++++++++++++

質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事が2日間有りませんが、どうなっていますか?今後は相談に乗ってもらえないのですか?またそれはどういう理由ですか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
私の方に新たな質問があった旨の通知が届かなかったため、遅くなり申し訳ございません。

>夫婦二人に対して支払を求める場合は、地方裁判所にて民事訴訟にするのですか?
→その通りです。金額が140万円を超えているため地方裁判所が管轄します。
ただし、妻に破産開始決定が出れば、妻分の裁判は進めることが出来なくなります。

>それとも簡易裁判所にて二人に支払い催促の後、夫からの異議が出てから、横浜の地裁で夫に対して民事訴訟をするのです か?
→異議が出たら、こちらから特に手続きをしなくても、通常の訴訟手続きに移行することになります。
つまり、夫の住所地である横浜の簡易裁判所で浜支払督促を行い、夫から異議が出れば、住所地を管轄する地方裁判所で手続きが行われることになります。

>私の意図は夫が仮に名古屋に転出していても、名古屋で裁判する事を避けたいと思っております。
→その懸念を払しょくしたいのであれば、支払督促ではなく、ご質問者様の住所地を管轄する地方裁判所に夫に対して民事訴訟を提起することをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答有難う御座いました。そちらから返事が貰えなかったので、昨日(2月


20日)に横浜簡易裁判所に夫と妻の両名に対して支払い催促の申し立てを


行いました。本日現在(2月21日)まだどちらからも異議は出ていませんが、いずれ妻の弁護士からは自己破産の通知が、また夫からは異議の申し立てが来ると思われます。その際もし夫が横浜から名古屋に転出をしていた場合は、いったん横浜の簡易裁判所に申し立てた物を取り下げて、改めて夫に対して横浜地裁に民事訴訟を起こした方が良いのでしょうか?それとも支払催促の申し立てはそのままにしておいて横浜地裁で民事訴訟を起こせるのでしょうか?ご回答お願いいたします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 3 年 前.
その際もし夫が横浜から名古屋に転出をしていた場合は、いったん横浜の簡易裁判所に申し立てた物を取り下げて、改めて夫に対して横 浜地裁に民事訴訟を起こした方が良いのでしょうか?
→ご質問者様のご意向によりますが、あくまで横浜でやりたいのであれば、その方法がよろしいかと存じます。

>それとも支払催促の申し立てはそのままにしておいて横浜地裁で民事訴訟を起こせるのでしょうか?
→できなくはないですが、裁判所が知った段階で後に起こした訴訟を取り下げるように言われると思われますし、望ましい対応ではありません。どちらかに絞るべきです。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/OF/officeone/2011-10-31_104514_005.64x64.JPG office-one さんのアバター

    office-one

    宅地建物取引主任者

    満足した利用者:

    11
    宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    1
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    68
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    58
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    特定行政書士

    満足した利用者:

    30
    中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    27
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問