JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

父親の所有している土地があるのですが、30年ぐらい前に母との間で離婚問題があり母が財産を守るため仮差し押えをしました

解決済みの質問:

父親の所有している土地があるのですが、30年ぐらい前に母との間で離婚問題があり母が財産を守るため仮差し押えをしました。そのご離婚することもなく経過しましたが、その土地の私名義で家を建てることとなりましたが土地の仮差し押えがそのままになっております。この差し押さえを取り消す方法を教えていただきたく。また、手続きに要する期間もお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

お母様が30年前に申立を行った裁判所に保全命令申立の取下げを行うことで、裁判所からの嘱託により仮差押の登記が抹消されます。
通常は受付から数日で法務局に嘱託書が届きますので登記完了まで10日前後ですが、30年前の事件ですと事件記録が既に廃棄されているはずですので、もう少し時間がかかる場合があります。

記録が廃棄されているような古い事件の場合でも、当時の手続きに使った印鑑や保全命令の決定正本がお手元にあればスムーズに進みますが、無い場合は実印での押印のほか、印鑑証明書や上申書といった書類が必要になります。
手続きの詳細については裁判所によって細かい部分が違うため、事前に管轄の裁判所に何を用意すれば良いか確認をとってください。
裁判所には提出する取下書や物権目録等のひな形も置いてあり、記載方法については教えてもらうことができますので、ご自身で手続きを行う場合は登記簿謄本を持って一度裁判所に相談にいくことをおすすめします。
相談に行くのは、お母様自身でなくても可能です。

ご自身で行うのが難しい場合は、弁護士又は司法書士に依頼してください

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。


裁判所ですが地方裁判所でいいのでしょうか。


よろしくお願いします。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
離婚問題で財産を守るためということであれば、おそらく離婚の審判前の保全処分としての仮差押えだと思いますので、家庭裁判所が管轄になります。

当時の住所地が同じ愛知県であれば、こちらの名古屋家庭裁判所の本庁・支部のいずれかになります。
http://www.courts.go.jp/nagoya-f/about/syozai/index.html
AEをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問