JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属・土地家屋調査士資格保有
67942392
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

私は三井のリハウスさんからある物件を購入しましたが、その隣人が暴力団の事務所でした。契約の解除と慰謝料の請求は出来ま

解決済みの質問:

私は三井のリハウスさんからある物件を購入しましたが、その隣人が暴力団の事務所でした。契約の解除と慰謝料の請求は出来ますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。



不動産取引においては、その物件自体の法的規制や周辺環境などのほか、買主にとって買うか買わないかの判断材料としてご質問のような事項も大変重要な要素となります。


暴力団事務所があることが調査で判明した場合は重要な事項として説明する義務があります。

売主、媒介業者がこのことを「知っていながら告げずに取引」 した場合、売主には瑕疵担保責任に基づき、媒介業者には媒介契約に基づく債務不履行責任により損害賠償等の請求が可能です。

ご質問からは、お隣の家が明らかに暴力団事務所であるかどうかの判断ができませんが、仮に暴力団事務所であることが事実である場合には、売主に対しては、「隠れた瑕疵」(心理的瑕疵)があるとして損害賠償の請求はできると思われます。

一方、媒介業者に対しては、媒介業者が知っていた場合または知りうる状況にあった場合には、その責任の追及が可能になりますが、媒介業者が知らず、知りうる状況にもなかった場合は責任を問うことはできません。

結局のところ、暴力団事務所であることが、一見して明らかかどうかで、賠償の責任の有無が決まるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
もう少し詳しくお話します。私は平成22年4月に親に住ませてあげようともしくは、住まない場合は賃貸にしようと思い物件を購入。その時に三井のリハウスさんには「私は以前、隣人に泥棒に入られた事があるので、まわりの方がどんな方なのか、きちんと調べて大丈夫なら購入します」と言って、普通の方々ですとの返答で購入。その後1ヶ月後頃から山田という方が自宅にその物件を売って欲しいと再三断わり続けても来て、あそこの物件の隣はやくざの事務所だから売った方が良いよと言われて、その時は信じてなかったのですが、念の為、その内容を三井のリハウスさんに話し てその山田さんと言う方が誰なのか調べていただいた所、土地を売買するブローカーだそうです。今年、ずっと空き家になってるその物件をリホームして賃貸にしようとしたらまた山田さんが来たので、三井のリハウスさんを通してなら売りますと返答したんですが、三井のリハウスさんが警察に相談したらやはり暴力団の事務所だと警察によばれて事実でした。だから三井のリハウスさんは取引出来ないと言われ、私と山田さんと売買してくれというのです。私は恐くて、もうその物件に近づく事も出来ないし、警察にも止められています。場合によっては保護し、SPという24時間のボディーガードがつくとか言われてます。この契約事態を破棄したいし、眠れないくらい悩んでいます。

回答に不明な点があれば補足しますので、返信してください。
回答が参考になりましたら、回答に対する正当な「評価」をしていただきますようお願い致します。
専門家の回答を評価
専門家に返答する
<重要>回答を評価してください 評価されることで専門家に報酬が支払われます。
評価が「回答が得られ満足」以上でない限り、専門家は報酬を受け取れません。

回答に
なっていない

より詳しい回答を期待した

回答が得られ満足

役に立つ回答に満足

期待以上の回答に大満足
この専門家の回答に対する
感想に近いものを選択して、[送信する] をクリックしてください。
あるいは、[専門家に返答する] を選択してください。ていた矢先
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
分 かりました。

やはり問題は、お隣の家が暴力団の事務所であることが明らかであるなら、不動産会社の説明義務違反であり、損害賠償を請求することができると考えられます。

また、質問者様が物件を購入してから暴力団の事務所が移転してきた場合は、不動産会社の責任にはなりません。

その判断は裁判所で公平に判断してもらうことになるかと思いますが、大手の不動産会社なので、弁護士に依頼して訴訟するしか方法はないかと存じます。

質問者様が物件を購入する前から、そこに暴力団の事務所があったのかどうかも、弁護士の先生であれば調べることもできますので、依頼することをお勧めします。
shihoushoshikunをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問