JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

19年前に父が亡くなりその際、父の実家である土地の名義が母と私と兄の3人の共同名義になりました。 当時まだ11歳の

解決済みの質問:

19年前に父が亡くなりその際、父の実家である土地の名義が母と私と兄の3人の共同名義になりました。
当時まだ11歳の子供なので母と父の弟である叔父が手続きをしたようなのですが、
そもそも父の実家は祖母と叔父の家族が暮らしており、祖母は10年ほど前になくなり、今でも叔父とその家族が暮らしています。

何故、当時叔父名義にしなかったのか、名義変更分のお金が払えないとか の理由だったと聞きました。固定資産税を払う約束で承諾したようです

そのため固定資産税は名義は私たちですが叔父が支払ってきました。

しかし最近になって固定資産税を払わず滞納しているようで滞納金の用紙が届き自分名義だと知りました。
もちろん名義になっている以上、支払い義務がこちらにあることは承知していますが、
住んでもいない土地の費用を夫や子供にも負担をかけてしまう事や生活の事を考えると
払い続ける余裕もありません。

叔父に名義を変更する場合は滞納分を先に収めないと変更はできないのでしょうか?

また名義変更した場合、かかる費用は私たち所有者と叔父に其々どういった税金が課せられるのでしょうか

全く分からず誰に相談したらいいかもわからず困っています

よろしくお願いします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
お力になれましたら幸いです。

確認させてください。

叔父さんに名義変更をするとのことですが、ご質問者様達の持ち分を買い取ってもらって名義を変更することを予定してますか。それとも単純に贈与で名義変更するつもりでしょうか。

名義をもたれている土地は、銀行などの担保には入っていないということでよろしいですか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

出来るだけ費用が掛からい方法でと思っています。ですが祖父の会社が倒産した時の負債金を親族一同で分散して支払っています。母と私と兄に負担がかからないように叔父が支払ってくれているので、できるだけ叔父に費用がかからないようにと思っています。買い取って貰うことは出来ないので贈与という形だとどうなるのでしょうか?


また所有の土地は担保にはなっていません

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。
それでは贈与で名義変更をする事を前提としてご質問事項に回答させていただきます。

①叔父に名義を変更する場合は滞納分を先に収めないと変更はできないのでしょうか?
→固定資産税の滞納分を支払わなくても登記名義を変更することは可能です。
しかし、名義変更したからと言って滞納分を支払わなくてもいいというわけではなく、贈与した日までの固定資産税は払うことになり、贈与後は叔父様がその不動産の固定資産税を支払うことになります。

②また名義変更した場合、かかる費用は私たち所有者と叔父に其々どういった税金が課せられるのでしょうか
→贈与で登記名義の変更を行う 場合かかる費用は一般的に以下のものです。

・不動産取得税
土地の贈与  固定資産税評価額×3%

なお、固定資産税評価額については市役所の固定資産税課で固定資産評価証明書をお取りになればわかります。

・贈与税
財産を贈与した場合、年間110万円以上の財産を受け取ったときに
(受け取った金額(不動産の場合評価額(路線価))-110万円)×累進化税率
の納税義務が発生いたします(贈与税と呼ばれるものです)。

ちなみに、贈与税算定の際の不動産の評価額は市役所が算定している固定資産税評価額ではありません。
原則は路線価で計算いたします。
評価方法の詳細については下記の国税庁のHPをご参照ください。

贈与税の累進課税率は下記です。
200万円以下・・・・・・10%
300万円以下・・・・・・15% (そのうち10万円控除)
400万円以下・・・・・・20% (そのうち25万円控除)
600万円以下・・・・・・30% (そのうち65万円控除)
1,000万円以下・・・・40% (そのうち125万円控除)
1,000万円超・・・・・50% (そのうち225万円控除)

例えば、2,000万円相当の不動産を無償で譲り受けた場合、
(2,000万円-110万円)×50%-225万円=720万円
の贈与税の納付義務が発生する計算になります。

計算方法については下記もご参照ください
【国税庁 No.4408 贈与税の計算と税率(暦年課税)】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

土地家屋の評価の仕方については下記をご参照ください
【国税庁 No.4602 土地家屋の評価】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm

・登録免許税
固定資産税評価額×2%(1,000分の20)

・登記名義の変更を司法書士に依頼した場合は司法書士報酬
(一般的な事案ですと)5-10万円以内

・固定資産税
不動産を贈与で取得日以降

これらの費用や税金が、叔父様に発生します。

 

分からない点がございましたらお気軽にご返信ください。

gyoenlegalをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
補足です。
こういった贈与で登記名義を変更する場合は、税金が大きく絡みますので、税理士さんや税務署にまず相談してください。
その後登記名義の変更を自分ではできない場合はお近くの司法書士に依頼してください。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問