JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

不動産取得税についておしえてください。ずっと賃貸で住んでいたマンションをことしの5月に家主さんから購入しました。昭和

解決済みの質問:

不動産取得税についておしえてください。ずっと賃貸で住んでいたマンションをことしの5月に家主さんから購入しました。昭和53年築なので耐震基準証明がなく減税されません、といわれました。主人が勤務している大学で耐震強度を調べることができるのですが、購入の2年前までにその証明がとられていなければならない。といわれました。一体何に対する税金ですか?古い物件にかかる税金なのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

不動産取得税というのは、不動産を取得した際に1度だけかかる税金です。物件が古いか新しいかは関係ありません。
今回は賃貸で住んでいた住宅を家主さんから購入した=不動産を取得したので、不動産取得税が課せられるわけです。

課されるのは一度だけですので、今回支払えばそれで不動産取得税は終わりです。

 

昭和53年築の中古住宅の場合、取得した日前2年以内に建築士等が行う耐震診断によって新耐震基準に適合していることが証明されていれば税の軽減が受けられるのですが、診断を受けていない物件なので軽減は受けられないのですね。

診断にも費用がかかりますので、中古の物件では診断を受けていないことがほとんどです。

AEをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問