JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

築35年の中古住宅(自宅)を個人売買で契約した売主です。 買主条件の100万円値引きに応じ、「現状有姿で引き渡し」

解決済みの質問:

築35年の中古住宅(自宅)を個人売買で契約した売主です。
買主条件の100万円値引きに応じ、「現状有姿で引き渡し」・「瑕疵担保責任を負わない」特約を付けた上で6月に契約~引渡して、4か月が経過しました。
先日、玄関付近から小規模の雨漏りを発見され、売主負担での修繕を希望する旨、仲介者(不動産業者)を通して言ってきました。
この場合、売主は修繕に応じなければいけないのでしょうか?
当然、玄関付近の雨漏りは私の認識にないことです、隠していたわけではありません、過去に風呂場の雨漏りがあって修繕した事は契約書にも書いてもらっています。
宜しくご指導のほど、お願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

売り主である質問者様が負担する必要はありません。

瑕疵担保責任を負わないという特約がついていますし、
瑕疵(雨漏り)を知って隠していたわけではありませんから特約は有効であり、
瑕疵について責任を負担する義務はありません。

したがいまして、売り主である質問者様は、相手の要求に応じる必要はありません。
仮に裁判になっても、この結論をくつがえすことは、ほとんどできないと言っていいでしょう。
jo-banをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問