JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属・土地家屋調査士資格保有
67942392
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

アパート退去についてです。 退去時に不動産屋と立会いをしたのですが、何かの書類を出され、サインだけお願いしますと言

解決済みの質問:

アパート退去についてです。
退去時に不動産屋と立会いをしたのですが、何かの書類を出され、サインだけお願いしますと言われました。
内容の説明が無くおかしいと思いましたが、信用していたのでサインしてその場は終わりました。

その後三か月以上たってから敷金の精算書が郵送されてきて、敷金8万円の内、ハウスクリーニング7万弱、水道代3 千円位、残りは振込みました、との内容と領収書が入っていました。

確認しなかった私も悪かったと思いますが、説明無しで書類にサインをさせるのは宅建業界では普通で許されているのでしょうか?

退去時、何の連絡も無く(見積もり説明も同意確認も無く)ハウスクリーニングを行い、全て終わった後、敷金の精算書を送られるのは普通の事なのでしょうか?

敷金精算の書類の日付が郵送の1か月前で退去から三ヶ月以上かかり、その間連絡無しは普通なのでしょうか?

宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


賃貸借契約書には、ハウスクリーニングについてどのような規定が定められているでしょうか?

退去時の書類にはクリーニングの料金が記されていたかどうかの覚えはありますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


退去立会い時の書類はちらっとしか見ておらず、三ヶ月以上前なので定かではありませんが、具体的な金額の数字等は無かったと思います。


 


賃貸借契約書には契約解約の時は契約時の原状に回復し、ハウスクリーニング代を負担する事とあります。


 


また、原状回復、ハウスクリーニング等について誠意をもって協議する事と、


明け渡し後1か月以内を目途に手直し工事代や、その他債務を敷金から差し引いた残額を返金する事とあります。


 


精算書と業者のハウスクリーニングの請求書10月2日付、領収書10月29日付、銀行振り込み明細コピー(返金分)が郵送されてきました。


精算書の日付は10月22日です。


 


退去日は7月末日、立会いは8月1日、8月中に携帯に着歴があり、留守番電話にまた連絡する旨の録音がありました。その後連絡は無く11月9日に精算書が郵送されて来ました。


 


宜しくお願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

原則として、専門業者によるハウスクリーニングは、次の賃借人を確保するため行うという側面が強く、賃貸人側の事情により行うものといえますから、その費用も賃貸人が負担すべきものです。

では、賃貸借契約書にハウスクリーニング特約がある場合はどのように解するべきか?

この点、契約書中にハウスクリーニングに関する特約が記載されているからといって必ずしも文言通りハウスクリーニング代の負担が認められるわけではないと考えます。
賃借人にハ ウスクリーニング代を負担させるには賃借人が負担する費用が明確にされていること、それがなければきちんと説明し賃借人が明確に認識し、両者の合意があって初めて負担させることができる、とされています。

過去の判例も、単に「ルームクリーニングを賃借人の費用負担で実施すること」との特約が定められていた場合では、特約の成立を否定しています(東京地裁平成21・1・16)。

ですから、質問者様の場合でも「ハウスクリーニング代の明確な金額の表示がないこと」、「両者の合意の上でハウスクリーニングをすることを決定していないこと」をみても、不当な請求と考えられます。
質問者様に何の確認もなく、クリーニングを終わらせ敷金から料金を引く行為も考えられません。きっと普段からそのようにしていたのでしょう。

とりあえずは、不動産業者に連絡をとってみましょう。
そして、「なぜクリーニングを勝手に行ったのか」、「きちんと協議して合意していなければ支払う義務はない」「誠意をもって協議をすると契約書にも書いてあるではないか」ということを主張し、上記の判例を示すなどしてクリーニング代を返還するように要求してみてください。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
回答をご覧いただけたようですが、不明な点がありましたか?
回答閲覧後は「下記署名欄の対応」をしていただきますようお願いします。
ちなみに評価しないでいてもサイトに対しては料金が発生しますので、ご理解ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございます。


不動産屋に連絡したいとおもいます。


 


今後同じ県内の違う不動産屋からアパートを借りる予定なのですが今回の情報が回っていったり、それが元で断られたりする可能性はあるでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
>今後同じ県内の違う不動産屋からアパートを借りる予定なのですが今回の情報が回っていったり、それが元で断られたりする可能性はあるでしょうか?

→不動産業者にそこまでの情報共有ネットワークはありません。同じ不動産業者なら断わられるかもしれませんが、違う業者なら問題なく契約することができるでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問