JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

現在祖母名義の住居があります。(土地は借地です) 今回国道工事のため立ち退きの話が出ています。 祖母も高齢のため

解決済みの質問:

現在祖母名義の住居があります。(土地は借地です)
今回国道工事のため立ち退きの話が出ています。
祖母も高齢のため私(孫)に住居名義変更したいのですが
権利書・登記簿が存在しません。
どのようにすれば名義変更できるかをお尋ね致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

登記簿(登記記録)は不動産の外形的な情報や権利関係が記された記録で法務局に保存されています。その内容の証明書である登記事項証明書は法務局に行けば誰でも、何度でも取得することが可能です。

 

名義変更に必要なのは権利証の方ですね。
祖母から孫への名義変更ということですので、通常は贈与または売買での名義変更になりますが、権利書が紛失等により提出できない場合には権利証に代えて司法書士等資格者による本人確認情報を作成するか、事前通知の制度を使うことにより問題なく名義変更ができますので、ご安心ください。
親族間の名義変更ですので、本人確認情報ではなく事前通知の制度を使った方が安く済みます。

 

名義変更を行うもっとも確実で簡単な方法は、お近くの司法書士に依頼して任せることです。
上記の権利証が無い場合の手続きについても手配してくれますし、何をやればいいかは全て指示してくれます。
司法書士の知り合いがいなければ、福島県司法書士会へ電話すれば近くの司法書士を何人か紹介してもらえます。
http://fk-shiho.com/

 

もしご自身で手続きを行うことをお考えであれば、手続きの内容についてもご案内できますので、評価をせずに続けてその旨をご返信ください。

 

それともう1点、建物の譲渡を受けて名義変更するということは土地の借地権も譲渡を受けることになりますが、もし借地が賃借権であれば原則としてその譲渡には貸主の承諾を得る必要があり、名義変更前に土地所有者の承諾を得ておかないとトラブルになる危険がありますので注意してください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

そもそも建物を建てた際、不動産登記をしていないとのことでした。


市役所の税務課が査定にきてそれで固定資産額が決定し現在に至ります。

専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

紛失したのではなく、未登記のため登記簿(登記記録)も権利証も作成されていないのですね。


その場合は、まず土地家屋調査士に依頼して建物の表題登記を行い、その後司法書士に依頼して所有権保存の登記を行うことで権利証が発行されます。
表題登記を行うには建物を建てた当時の建築確認通知書や検査済証などの書類のほか登記用の図面も用意する必要がありますので、土地家屋調査士に依頼した方がよいでしょう。

県調査士会のサイトにリンクを貼っておきます。
http://www.fksimaty.or.jp/

 

表題・保存などの登記手続き自体は各士業に依頼すれば問題なく進みますが、借地権が賃借権の場合は貸主の承諾を得る必要があるということは重ねてご注意申し上げます。

それから、立ち退きの話が出ているとのことですが、もし貸主から立ち退きを迫られている場合は、祖母の名義で建物の登記をしておかないと貸主が土地を譲渡した場合に賃借権を主張できなくなる可能性がありますので、早めに土地家屋調査士のところへ行ってください。

AEをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問