JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 313
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

古い擁壁を擁する戸建住宅を売りに出しています。 下の家の人と境界線を確認している際、立ち会っていた不動産業者が

質問者の質問

古い擁壁を擁する戸建住宅を売りに出しています。

下の家の人と境界線を確認している際、立ち会っていた不動産業者が突然、「将来的に家を建て替える場合には擁壁を造り替えなければ建築許可がおりません」と言い出しました。

なごやかな雰囲気が一転し、下の家の人(Aさん)が怒り出して擁壁を壊すにあたって伴に壊されたAさんの所有物をもとの状態に戻すという保障がなければ承諾しないといわれました。

実は境界線もあいまいで、境界線をしるす標識はなくなっています。

Aさんの土地は一部に盛土がされていて、擁壁の上まで土地が上がっていて、うちの土地を同レベルになっています。
さらに道路から高くなっている部分へあがる階段と擁壁の間には段々に花壇が設けられています。
擁壁を壊すにはそれらの建造物や土地を壊さなければならないのです。

Aさんの側もあきらかに違法建築になっているのですが、まわりの住宅を見ると上と下の家が擁壁を半分づつ所有するような形をとっているのがほとんどです。
なので、境界線についてはこちらがかなりの妥協をして話をするめるつもりでいたのですが、覚書を要求されることになり、とても困っています。

現在の土地の所有者である私は家を建て替えず、売る予定です。実際現在検討中の方も造り替えず、リフォームする方向で検討していますし、以前いらした人たちもみな現存する家をそのまま使いたいということでしたので、私は家を残す予定です。

いつ・誰が建て替えるかも全くわからないものに対して、私が責任を持つということに激しい抵抗を感じます。いくら覚書をがあっても、文句を言う人は必ずいますし、ひとたびもめた場合は、署名・捺印をしている私に矛先が向くと思われます。

一度手放した物件に対して、そこまでの責任を負わなければならないには納得がいきません。
覚書を要求されたら、受けなければならないのでしょうか。それは義務でしょうか。

この場で回答がほしいのと、正式にどなたかに依頼する場合、どういった業種(司法書士・行政書士など)の人に頼めばよいのか教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.
擁壁がどちらに属するかを確定することが問題の解決になります。Aさんとご貴殿の土地の境界確定をする必要があります。境界確定測量は土地家屋調査士か測量士に依頼し、その測量結果に基づいて擁壁の所属が確定しますので、その擁壁を改修する場合の方法と費用負担をAさんと協議し、しかる後に覚書きを取り交わすことをお勧め致します。この覚書きは、ご貴殿から購入された新たな購入者とAさんに継承され、後々の境界紛争問題を回避することができますので、ご貴殿の所有不動産の価値にも影響します。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問