JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属・土地家屋調査士資格保有
67942392
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

ある不動産の競売への入札を法人で検討しております。 そこで質問なのですが、 例えばある法人Aが11月に行われる不

解決済みの質問:

ある不動産の競売への入札を法人で検討しております。
そこで質問なのですが、
例えばある法人Aが11月に行われる不動産の入札に参加しようとしているとした場合、
入札書に入札人として法人名を記載し、それを証明する全部事項説明書などを用意する事になると思います。
ですが、この法人Aは入札申し込みの前後に会社の代表の変更を予定しています。
この場合、落札後の法人Aの代表者は入札時と異なることになるわけですが、問題はありますでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


この場合、競売に入札している主体は法人Aであり、代表取締役ではありません。

入札時に代表取締役だった者(B)が法人Aを代表して入札していれば、入札の後に代表取締役(Cに)が変わっていても法人Aという法人格に変更はないため、問題ありません。

つまり、
入札時(代表B)→代表変更(代表C)→落札→代表Cが代表して手続き
となっても差し支えありません。

あくまでも入札の主体に変更があるわけではないからです。
shihoushoshikunをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問