JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

賃貸契約の条件(連帯保証人)について

解決済みの質問:

お世話になります。ヨーロッパ(スイス )出身、来日から10年たっている外国の者です。 現在東京の台東区にある賃貸物件に申し込んだばかりです。 必要な資料をすべて提出し、連帯保証人(日本人)の情報を提供しました。大家さんでもある管理会社(渋谷区の不動産)から「審査の面では問題ないけど、外国人の場合、保証人をもう一人付けてほしい」と言われました。それが不可能な場合、予定していた保証人の上に、家賃保証会社を使ってほしいということです。 仲介の不動産の担当者も、私も、こういう話を初めて聞きました。お尋ねしたいですが、法律から見て合法ですか?差別ですか?抗議する方法はありますか?例の物件はとても気に入っているので簡単にあきらめたくないのですが、保障を二枚付ける根拠が全く理解できません。 どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
司法書士です。
分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、マイナスの評価をお付けになる前に、お気軽にご返信下さい。
お力になれれば幸いです。

法律から見て合法ですか?差別ですか?
→事業用物件などでは日本人の場合でも、保証人と保証会社の両方を求められるケースがいまだにありま すし、基本的には一般人同士の契約の場合、契約自由の原則というのもありますので、ただちに違法とはいえないでしょう。

しかし、外国籍だけを理由に拒否する場合は違法という判決もございます。ですので抗議するならば、「年収も本物件を借りるにしても十分だと思われるし、それ以上に日本人の保証人は
私の年収をはるかに超えている、資力の点では十分であり、その上に保証人をもう1人つけるか保証会社の利用という制約は実質的に外国人だから入居を拒絶しているものと言える。」とおっしゃってみてはいかがでしょうか?

それでも難しいようであれば、東京都には賃貸ホットラインという公的な相談窓口がありますので、こちらから指導できないか要望してみてはいかがでしょう。

申し込まれている物件に無事入居できることを祈っております。
わからない点がありましたら、評価の前に必ずご返信ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

Gyoenlegal様


 


分かりやすいご返事、どうもありがとうございました。


 


今朝(ご返事を読む前の段階で)担当者ともう一度話してみたのですが、「会社の規定で、外国人だから」保障人を2枚付けて欲しいとはっきり言われました。物件は止まっている状況ですが、そうしない限り審査さえ行わないとのことです。


 


「外国籍だけを理由に拒否する場合は違法という判決もございます」についてもう少し詳しく教えていただきたいのですが、どの法律に基づかれているケースですか?できれば、該当する条項をこちらで調べさせていただきたいと思います。


 


3千円でお時間も限られていると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

回答させていただきます。


「外国籍だけを理由に拒否する場合は違法という判決もございます」についてもう少し詳しく教えていただきたいのですが、どの法律に基づかれているケースですか?できれば、該当する条項をこちらで調べさせていただきたいと思います 。
→法律ではありませんが、裁判例がございますのでご紹介させていただきます。
裁判例上、外国人であることを理由とする入居差別については、憲法14条の趣旨に反する不合理な差別などという理由で、民法上も違法であると判断されています(京都地裁平成19年10月2日判決、大阪高裁平成18年10月5日判決、京都地裁平成15年1月24日判決、大阪地裁平成5年6月18日判決)。

以下は裁判例ではありませんが、このような差別は、国際人権A規約やB規約、人種差別撤廃条約にも違反するとも考えられます。そのため、外国人であることだけを理由とした入居差別は許されないです。

分からない点があれば、評価の前にご返信くださいね。

gyoenlegalをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問