JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 313
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

親戚の事でお尋ねしたいのですが宜しくお願い致します。 福島県で夫婦二人で暮らしていましたが夫が脳梗塞に見舞われ半身

解決済みの質問:

親戚の事でお尋ねしたいのですが宜しくお願い致します。
福島県で夫婦二人で暮らしていましたが夫が脳梗塞に見舞われ半身不随で車椅子での生活の上        言語障害で妻が介護疲れで鬱になり自殺した為その家の売却を考えていますが事故物件の申告の為
相場の半分にもならない為私が買い取って名義変更してからの売却の場合私が事故物件の申告をしなくては
ならないでしょうか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 4 年 前.

事故物件は心理的瑕疵のある物件となりますので、売主及び仲介業者は事前に買主に説明しなければなりません。告知せずに売却をして、後日、買主がその件を知ることとなった場合、解約や損害賠償の対象になります。これは買い取って転売する場合も同様となります。

このような場合、正直にことの次第を申告し、契約書に特約事項として「平成何年死亡事件(自殺)が発生したが、売り主が同物件の買い取りをし、お祓いをしての売却となります。以上の点は隠れたる瑕疵に該当するものではなく、買主は売主に損害賠償、その他法的請求をしないものとします。」等の特約条項を入れて契約締結することが肝要です。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問