JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

浴槽がバランスがまです。お湯を抜くとタイルの排水口に流れるのですが、ソの排水口がお湯を受け切れず一度溢れてきます。5

解決済みの質問:

浴槽がバランスがまです。お湯を抜くとタイルの排水口に流れるのですが、ソの排水口がお湯を受け切れず一度溢れてきます。5センチほどタイルいっぱいお湯が溜まりそこから流れていきます。
そのことは入居時説明もなく、お湯を溜めて抜いてみなければわかることではないので、とても納得できません。
また 衛星上も問題があると思います。
部屋を解約するとしたら、引っ越し等掛った費用を全額請求できないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

賃貸人は賃貸物を賃借人が十分に使用・収益できるように必要な修繕をする義務があります。

(民法606条)本来であれば賃貸人が負担しなければならない修繕費用を賃借人が支出した時は、賃貸人に対してその費用の請求ができます。(民法608条)

部屋の解約をして引っ越し費用をかけるより、排水管の詰まりと思われますので、管清掃を業者に依頼して、その費用を家主側に請求した方が安上がりではないかと考えます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

排水管の詰まりではない事は不動産も確認済みです。


そのバランス釜は後から付けたもので 既存の排水管の容量を超えており溢れかえってきます。


直せるならいいのですが、おそらく大工事になるため、あちらも了承していただけません。(排水管のつまりではなく、直すことができない)


 


私もその風呂場では我慢して生活できません。


不動産側の案でバランス釜ではない部屋に移してもらえることになったのですが、


敷金礼金も再度払い、家賃も上がるので、


だとしたら他のマンションを探そうかと思っているのです。


 


 


なので風呂場の排水管の逆流を理由に


敷金礼金、引っ越しに掛った費用の請求が出来ないでしょうか?


 


 

質問者: 返答済み 5 年 前.

排水管の詰まりではない事は不動産も確認済みです。


そのバランス釜は後から付けたもので 既存の排水管の容量を超えており溢れかえってきます。


直せるならいいのですが、おそらく大工事になるため、あちらも了承していただけません。(排水管のつまりではなく、直すことができない)


 


私もその風呂場では我慢して生活できません。


不動産側の案でバランス釜ではない部屋に移してもらえることになったのですが、


敷金礼金も再度払い、家賃も上がるので、


だとしたら他のマンションを探そうかと思っているのです。


 


 


なので風呂場の排水管の逆流を理由に


敷金礼金、引っ越しに掛った費用の請求が出来ないでしょうか?


 


 

質問者: 返答済み 5 年 前.

排水管の詰まりではない事は不動産も確認済みです。


そのバランス釜は後から付けたもので 既存の排水管の容量を超えており溢れかえってきます。


直せるならいいのですが、おそらく大工事になるため、あちらも了承していただけません。(排水管のつまりではなく、直すことができない)


 


私もその風呂場では我慢して生活できません。


不動産側の案でバランス釜ではない部屋に移してもらえることになったのですが、


敷金礼金も再度払い、家賃も上がるので、


だとしたら他のマンションを探そうかと思っているのです。


 


 


なので風呂場の排水管の逆流を理由に


敷金礼金、引っ越しに掛った費用の請求が出来ないでしょうか?


 


 

専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

排水管の詰まりではないとなりますと、不注意により、排水容量を超えたバランス釜を取り付けた家主側に責任があり、十分に使用することが出来ない部屋を賃貸したこととなります。借り主の権利を侵害したことになると思われ、家主及び紹介した業者は不法行為に該当するのではないかと考えます。従って、損害を受けた借り主に損害賠償請求権が発生すると考えます。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問