JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

先日ご相談した下記案件で、入居者より退去の連絡がありました。 オーナーは壁紙・床の張替建具の交換のほか、ペットの臭いが消えるまで4カ月程度の賃料の負担や鍵の交換費用(マンショ

解決済みの質問:

先日ご相談した下記案件で、入居者より退去の連絡がありました。

オーナーは壁紙・床の張替建具の交換のほか、ペットの臭いが消えるまで4カ月程度の賃料の負担や鍵の交換費用(マンション9戸全てとエントランス)等その他徹底的にきれいにして、その代金のすべては入居者に負担してもらうように裁判も辞さないと話しています。

たぶん今後もオーナーからの要望はたくさん出てくると思います。

(エアコン・キッチン・浴槽の交換とも言いだしそうな勢いです)

契約違反はあったものの現実問題、どこまで、どの程度請求してよいのか?アドバイスいただきたくお願いいたします。





余談ですが、入居者曰く、この物件を紹介した仲介業者よりペットの一時預かりは可能だと言われたと話しています


こんにちは。
私は賃貸住宅の管理会社者です。

ペット飼育不可の賃貸住宅マンションの居室にて小型犬を飼育しているようで、この場合私どもはどのような対応をするべきかご教授いただきたくお願いいたします。

東京都品川区の賃貸住宅
2011年5月入居
中年のご夫婦とそのお母様の3人暮らし
入居当時より、電話した際に犬の鳴き声が聞こえる
上階の住民より犬を連れて歩いているのを見た
定期清掃業者より玄関先が糞尿のような異臭がする等
いくつかの事例があり、先日該当居室にて室内設備不具合発生時
居室に入室した際犬にの鳴き声と扉をひっかく爪音が聞こえ
今犬を預かっているの…とお話しされておりました。
ペット不可なので預かりもやめていただくようお話しました。
しかしながら、今までの事例から見ても飼育している可能性が高く
マンションオーナーからはもし飼育の事実があれば厳格な対応をしてたいとの希望です。
今回の件に関しても、重く受け止め対応してほしいとのこと。
重要事項説明にはペット不可である旨の記載はあります。もちろん入居前に重要事項説明を入居者にしており、その際ご署名ご捺印もいただいております。

説明その他情報が不足している部分も多いかと思いますが、なにとぞよろしくお願いいたします。


追加情報 (オプション):
該当する都道府県: 東京都品川区

試行済み:
口頭にてペットの預かりはやめてほしいと伝えた
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

相手がペット飼育を認めて退去する場合、ペットを飼うという賃借人の用法遵守義務違反による解除ですので、それにより生じた損害について損害賠償を請求することは可能です。


具体的に損害賠償請求の範囲がどの程度まで認められるか、というのは実際にペットが居たことでどの程度の損害が生じたかという問題ですのでここで正確な判断をすることはできません。
ただ壁紙・床・建具等の通常損耗分は契約で定めていなければオーナー側の負担すべきものですし、臭いに関してもハウスクリーニングで通常人にはわからない程度に消えるはずですので、リフォーム費用や4ヶ月の家賃というのは明らかに無理な要求です。ペットによる室内の破損や悪臭がよほど酷いなど極めて特殊な状況の場合は別として、通常は取れたとしても除菌・消臭まで行う業者のハウスクリーニング1回分の費用+若干の迷惑料ぐらいが妥当だろうと思います。
鍵交換にいたってはペットとは全く関係ないですし、オーナーの要求は現時点で既に過大に過ぎます。

 

現実に開き直って居座ったあげく裁判になるケースもありますので、正直言って出て行ってもらえることになっただけでも管理会社としては十分な仕事をしていると私は思うのですが・・・。
話してすんなりと要求を下げていただけるオーナーならば良いのですが、それが難しい場合は管理会社として深入りするのは危険だと思いますよ。

 

これ以上は裁判を前提として法律的な紛争になり、弁護士や認定司法書士以外が扱うと違法になる可能性がありますので、専門家に依頼していただくようにお話した方が良いでしょう。

AEをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問