JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

初めまして。神奈川県に住む60歳男性です。 昨日となりの土地の持主が訪ねて来られまして、境界線上にある木を抜いて欲

解決済みの質問:

初めまして。神奈川県に住む60歳男性です。
昨日となりの土地の持主が訪ねて来られまして、境界線上にある木を抜いて欲しいと言って来ました。その土地と言うのは30年以上前に父が知人に売ったもので、その方も家を建てようと思って買ったのですが、色々な向こうの事情で今日まで空き地になっていました。
最近その方が亡くなられ奥様が所 有しているらしく、その方が不動産屋を引き連れて訪ねて来たのですが、向こう様の言い分は遺産のこともあり整地をしたいのだが、境界線上の木を抜いて欲しいと言うことなのです。
その木は確かにその土地に引っ越した時に父が植えたものだと思うのですが、その方に売ってから植えたものではないので、家の所有物ではないと思うのですが。境界線上と言っても生えているのは向こうの敷地で、根が入り込んでいるからどーのと言うお話しでした。その上我が家からは遠いところにも同じ木が生えているのでそれも抜いて下さいと言うのです。売ってから植えたものならこちらの責任でしょうが、自然に生えて来たものまでこちらの責任だとは到底思えないのですが、とにかく費用も掛かることなので宜しく検討して下さい、と言われました。角が立たない断り方はないものでしょうか?それともこちらで抜くものなのでしょうか?
ヘタな説明で申し訳ありませんがご理解頂けたでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.
境界線上の木という場合、その木が境界線のどの位置に存在するかによって木の所有権 の帰属が決まります。ご相談内容ですと、その木は先方の敷地内にあるということですので、木は隣地に付着した物ですので、木の所有権は隣地所有者にあります。木の伐採抜根は隣地所有者の責任負担となります。ただし、木が境界線を中心にして両土地にまたがっている場合は、隣り合う者同士の共有と推定されますので、この場合は話し合いにより、木の伐採抜根の費用の負担割合を決める必要があるかと考えます。どちらにしても境界が境界標で明確になっていることが前提ですが、もし明確でない場合は、土地家屋調査士に依頼して境界を明確にする必要があります。
pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問