JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

一般媒介契約書の契約約款報酬の請求 第9条 乙の媒介」によって目的物件の売買又は、交換の契約が成立した」とき

解決済みの質問:

一般媒介契約書の契約約款 報酬の請求 第9条 乙の媒介」によって目的物件の売買又は、交換の契約が成立した」ときは、乙は、甲にたいして報酬」を請求することができます。ただし、売買又は、交換の契約が停止条件付き契約として」成立したときは、乙は、その条件が成就した場合のみ報酬を請求することが」できます。 前項の報酬の額は、国土交通省告示に定める限度額の範囲内で、甲乙協議のうえ、定めます。7月2日に売買契約済みです、キャンセルの場合、手付金放棄と合わせて仲介手数料も支払わなければいけないのか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
仲介手数料は契約成立に対する報酬ですから、契約が成立すればその時点で支払義務が生じますので、
契約後に買主の事情でキャンセルした場合には、契約に従い仲介手数料の全額を支払う義務があります。
もし契約後、決済or引渡前の解約について特に報酬額を減額するような条項が契約書にあればそれに従いますので、
契約書を再度確認してみてください。

そういった条項が無ければ法律上は全額の支払義務がありますが、減額に応じてくれる不動産屋もありますので、交渉はしてみた方が良いでしょう。
AEをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問